REGARD

「ガラス張りの家」の魅力と、建てる前に注意すべきこと。

「開放感」が魅力のガラス張りの家

オシャレなカフェやレストラン、ホテルや旅館等では最近ガラス張りの空間が増えてきています。
ガラス張りの店内は明るく開放的でとても居心地が良いと感じる方も多いのではないでしょうか?
また、外の景色も感じられますし、天気の良い日は窓を開けて外の風を感じることもできます。

このオシャレなカフェのような一面ガラス張りの空間を、もし自宅に取り入れることができたら素敵ですよね。
開放感のあるガラス張りの窓から眺める景色、昼間は照明が必要のないくらい明るく開放的な室内、テラス等の外空間とつなげて外との一体感を愉しむ・・・
そこには理想的な暮らしが広がっているように見えます。

しかし、先鋭的なデザインとも言えるガラス張りの家は、注意点がいくつかあります。
ただオシャレというだけで導入してしまうとのちのち後悔してしまうことにも繋がりますので、もし取り入れる場合には施工業者と納得の行くまで話し合いをしましょう。

ガラス張りの家の注意点

飽きのこないデザインにする

ガラス張りの家はオシャレです。
しかし、オシャレであるが故、それを前面に押し出しすぎると奇抜な印象を与えかねません。また、凝ったデザインの場合最初は気に入っていても段々と飽きてしまうといったケースも少なくありません。

ガラス張りにする部分はリビングの一面だけにするなど住んでいるうちに飽きてしまったり、使いにくいと感じたりしないようなデザインにしましょう。

プライバシーの確保の問題

ガラス張りの空間の魅力は「開放感」ですが、それは同時にプライバシーの確保の問題をもたらします。
道路に面している1階でガラス張りを取り入れても結局カーテンを閉めっぱなしにしてしまい、その魅力を活かしきれないということもあるでしょう。

ガラス張りを取り入れるのは2階にしたり、土地選びの段階で通行人から見えにくい場所を選ぶなど工夫をしましょう。

耐震性も注意

一面をガラス張りにすると、その場所に壁がないということになります。
そのため耐震性も気になる所ですよね。
木造住宅では基本的に構造計算の必要はありませんが、ガラス張りのような特殊な形状の建物の場合、構造計算をすることで安心に繋がるでしょう。

オシャレで開放的なガラス張りの家は建築家と建てる家向き

ガラス張りを取り入れた家は開放感もあり、見た目もとてもオシャレな印象です。
しかし、凝ったデザインだからこそデザイン性や耐震性を実現するために高度な技術が必要になります。

このような建物は建築家の得意とする分野であり、建築家の腕の見せ所でもあります。

リガードでは建築家と話し合いをしながら家づくりを進めておりますので、お施主様のご要望を最大限汲み取りながらデザインと機能を考えていきます。
また、構造計算もきちんと行っておりますので、地震に強い丈夫で安心な家づくりが可能です。

関連する記事を見る