REGARD

カーテンの色はどう選ぶ? ロールスクリーンやローマンシェードにも通用する基本

窓装飾の色ってどうやって選べばいいの?

窓装飾の色は、本当に多彩ですよね。

カーテンやロールスクリーン、ローマンシェードなどの一般的な窓装飾は、赤、青、緑、黄色、ピンク、紫、白、黒…などなど、思いつく色は大抵、どこのメーカーでも網羅しています。

それだけに、窓装飾の色を選ぶときは迷ってしまいがちですよね。

選ぶのに迷ってしまうからいつも好きな色のカーテンを選ぶ、センスに自信がないからいつも同じ色を選んでしまう、気に入って買ったはいいけどインテリアに合わなかったなど、悩んでしまう方はとても多いです。

後悔しない色選びのために、どのような点に気をつければ良いのか見てみましょう。

カーテンにはメインカラーかアクセントカラーを選ぼう

部屋の配色の色は、基本的にベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの3種類から成り立っています。

ベースカラーは、部屋の基本となる色です。床や壁、天井などがベースカラーとなり、部屋の約70%がベースカラーとなります。

メインカラーは、お部屋の雰囲気を決める色で、全体の約25%の割合となります。

アクセントカラーは、部屋の約5%に使用される色で、いわゆる差し色です。アクセントカラーを入れることにより、部屋を引き締めたり、変化をつけたりすることができます。

カーテンの色は、基本的にメインカラーか、アクセントカラーのどちらかに属することになります。

メインカラーにしたい場合は、部屋の雰囲気を決める色ですので、周りの家具などと色を合わせましょう。

アクセントカラーにしたい場合は、お部屋のイメージに合わせて他のインテリアとは違う色を選びます。

カーテン以外の窓装飾の色はどう選ぶ?

ロールスクリーンやローマンシェードなども、基本的にはカーテンと同じようにカラーを選びます。

つまり、メインカラーかアクセントカラーから選ぶということですね。

一方で、ブラインドに関しては色の種類が他の窓装飾に比べてかなり限られます。真っ赤なブラインドなんて、あまり見たことがありませんよね。

カラーを選べない代わりに、ブラインドではどんな材質を選ぶかという楽しみがあります。ウッドブラインドなど、変わったものもあるんですよ。

ブラインドについては、今後の記事で紹介していきます。

CATEGORY

窓装飾,

関連する記事を見る