REGARD

木のダイニングテーブルの素材選び 色味や耐久性はどうやって決まる?

長く使えるダイニングテーブル

ダイニングテーブルは家具の中でも大きい部類に入るので、その存在感はとても大きく、雰囲気を決定する影響力があります。

最も身近に家族が集うダイニングテーブルは、そのキズ・シミの一つ一つが思い出になり、家族だけの歴史を刻んでいきます。

ダイニングテーブルの素材には様々なものがあり、使い勝手や耐久性にも大きな差があります。

では、長く使えるダイニングテーブルとはどんなものでしょうか。

今回は、木のダイニングテーブルに絞って、上手な選び方についてご紹介します。

ダイニングテーブルの失敗しない選び方

無垢の木であれば、一般的に広葉樹のほうが硬くて傷がつきにくく、針葉樹は柔らかいので、用途と併せて判断材料にすると良いでしょう。

色味には、清潔感があり広く感じられる白色系、優しくて温もりのあるナチュラル系、重厚で威厳を感じるブラウン系などがあるので、フローリングや椅子の色味と合わせて検討しましょう。

無垢の木の代表的な材料には、ウォールナット、オーク、杉、パイン、メープル、ナラ材などがあります。

最近人気のウォールナット材やチェリー材は落ち着いた色味が特徴ですし、メープル材やタモ材、ナラ材は明るくナチュラルな印象になります。

ダイニングテーブルならプロに相談しよう

一枚板を使った無垢材は少し高価になりますが、使うほど歴史が刻まれて味になり、古さが最大の魅力へと変わっていきます。

ダイニングテーブルの素材は、色合いや木目といった雰囲気の観点からよく吟味して選びましょう。

ダイニングテーブルのことなら、リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

木のダイニングテーブルは素材選びによって、色味や耐久性が決まってきます。

家族の生活に合ったダイニングテーブルを選んで、快適に暮らせる住まいづくりを実現しましょう。

関連する記事を見る