REGARD

キッチン照明で毎日を明るく。「キッチンライト」選び方のポイント

意外と困る「キッチンライト」の重要性

家を建てる際に、キッチン周りのスペースや配置についてはこだわる方も多いと思いますが、キッチンライトにまでこだわるという人はあまりいないのではないでしょうか?

新築の家全般に言えることではありますが、実際に使って見ないとわからないと言う点、そもそもあまりライトにまで気にかけていないと言うことでライトについては見逃している方も多いでしょう。

キッチンは毎日料理を作る場所ですので、その使用感は毎日の生活の質に大きく関係してきます。
そのため、キッチンの使いやすさ、作業のしやすさに大きく関わってくるキッチンライトにこだわることは実はとても大切なことなんです。

今回は、意外に見落としがちなキッチンライトの選び方のポイントをご紹介していきます。

「キッチンライト」選びでのポイント

光の色に注意する

キッチンは食材を調理する場所です。
光の色や種類によって意外に見えやすかったり、見えにくかったりすることはよくあります。

最近では、キッチンライトにLEDライトが使われることが多くなってきています。LEDは長寿命で消費電力も少ないというメリットがありますが、LEDの光は影が出やすいので、食品を扱う場所に使用するともしかしたら見えにくい場合があるかもしれません。

光を拡散させるためには、乳白色のセードで覆われて、眩しさのないものを選ぶと良いでしょう。
また、昼白色がキッチンの照明には適していると言われています。

キッチンのスタイルに合わせた「キッチンライト」選び

キッチンライトは各家庭それぞれのキッチンの形状や棚の位置などに配慮をして設置する必要があります。
特に、ダウンライトを設置する予定の方は、棚の扉など様々なことに注意してキッチンライトを設置する必要があります。

作業する手元が暗くならないように、棚の影が作業する手元にかかることのないように注意をしましょう。

部屋全体の照明を考える。

最近では、キッチンからリビングへの動線が繋がった間取りであることがほとんどです。
キッチンとリビングの照明の種類が違いすぎると部屋全体の雰囲気が崩れてしまうことがありますので、照明はキッチンだけ浮いてしまうことのないように注意をする必要があります。

明るい家族の空間作りの為に

キッチンライトというと、家づくり全体で見るととても細かい部分のように思えますが、住んでからの使い勝手を考えるとそんな細かな一つ一つが生活に影響を与えていきます。

家づくりとは、細かい部分の積み重ねであるとも言えるのかもしれません。

リガードでは、お施主様と細かな部分までしっかりと話し合いをしながら家づくりを行なっております。
どんな些細なことでもご相談を承りますので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連する記事を見る