REGARD

省スペースかつオシャレなキッチンを。ビルトインオーブンを置くメリット

キッチンのコンロの下にオーブンが取り付けられたものを見たことはありませんか?

「ビルトインオーブン」というもので、料理好きの方にはおすすめのキッチン形式なんです。

そこで今回は、ビルトインオーブンを置くメリットについてご紹介します。

ビルトインガスオーブンと普通のオーブンの違いって?

最近料理好きの方から注目を集めている、「ビルトインコンロ」。

ビルトインコンロは普通のコンロと違い、コンロがキッチンシステムと一体化しています。

ビルトインガスオーブンも、基本的にはビルトインコンロと同じ。

キッチンと一体となっているものがビルトインオーブンです。

ビルトインオーブンのメリットは?逆にデメリットはあるのか

ビルトインオーブンには様々なメリットがあります。

まず、「ガス」オーブンを簡単に選択出来ること。

普通にガスオーブンを導入しようとした場合、その大きさやガスの元栓からの距離から設置場所などに非常に苦労します。

しかし、ビルトインオーブンなら最初からガスオーブンなので、設置場所を気にする必要はありません。

ガスオーブンはその名の通り、ガスを動力としたオーブンです。

ガスオーブンは火力が強くて微調整なども簡単、焼きムラも少ないので、料理好きな方にはぴったりです。

さらにランニングコストが安いのも大きな魅力です。

ガスオーブンだと、一般のオーブンではなかなか難しい大容量のタイプが選べます。

大容量でもキッチンと一体化しているので、あとから邪魔に感じることはありません。

鳥の丸焼きを作ったりパンを焼いたり、より自由にオーブンを使うことができるでしょう。

料理のレパートリーが増えるかもしれません。

卓上にオーブンを置かない分ごちゃごちゃせず、見た目もスッキリ。

デザイン性を気にする方にもおすすめなんです。

デメリットとしてはやはり取り換えが難しいという点が大きいでしょう。

価格面ももちろんですし大型なもので容易に交換できるものではありません。

導入する際には、今後の生活スタイルを考慮しつつよく検討しましょう。

新築住宅にビルトインオーブンを考えている方へ

今回は、ビルトインオーブンを置くメリット・デメリットについてご紹介しました。

より省スペースを実現したい方は、コンビネーションレンジなどもおすすめです

オーブンと電子レンジの機能を伏せ持っており、しかもビルトインタイプであれば余計に省スペースに功を奏します。

このようなビルトインオーブンは、住宅を建てる段階で設置しておくのがおすすめです。

リガードでは、セミオーダータイプの住宅を展開しております。

施主様の住宅事情に合わせて柔軟に対応できますので、理想のキッチンを実現したい方はぜひリガードまでご相談ください。

関連する記事を見る