REGARD

アイランドキッチンか、ペニンシュラキッチンか?オープンキッチンの選択

オープンキッチンにはどんなタイプがあるの?

オープンキッチンは、カウンターキッチン(対面キッチン)とも呼ばれます。

従来型の壁に面したクローズキッチンと比べて、視線を遮る物が近くになく、開放感があるのが特徴です。

アイランドキッチンとは、壁が接する部分が無く、島のように部屋の中にあるキッチンの事です。

ペニンシュラ(半島)キッチンとは、左右どちらかが壁についたタイプで、開放感と広い作業スペースの両方を持ち合わせています。

あなたならどちらのオープンキッチンを選びますか?

アイランドキッチンのメリット

開放感がある

アイランドキッチンは、何と言っても開放感があることが魅力です。

キッチンからリビングダイニングスペースを見渡せるため、キッチンに立っている時もリビングで寛ぐ家族とコミュニケーションを取りやすいです。

しかし、その開放感が逆に落ち着かないと感じる方もいらっしゃいますので、モデルルームや見学会で実際によくご覧になってみて、使い勝手や開放感が思い通りであるかを確かめてみることが大切です。

家事動線が取りやすい

アイランドキッチンはキッチンの両側から出入りができるため、家事動線が取りやすくなります。

お料理を配膳する時や、食器を片付ける時も楽ですし、また二人以上でキッチンに立つ時もお互いに邪魔にならず、スムーズに作業をすることができます。

アイランドキッチンのデメリット

お子様の遊び場になる場合も

ぐるりとキッチンの周りを一周できるアイランドキッチンは、大人にとっては家事動線が取りやすい設計ですが、それはお子様にとっては絶好の遊び場となってしまい、怪我の原因となってしまう危険性があります。

小さなお子様がいる場合は、設計時・使用時に十分に気を遣う必要があります。

しかし、逆に言えばこの造りはキッチンからもリビングダイニングにいるお子様の様子が見えやすいということでもあります。

不安がある場合は打ち合わせ時に施工業者によく相談するようにしましょう。

油ハネしやすい

アイランドキッチンではコンロ周りが壁で覆われていないので、構造上油ハネがしやすいです。

こまめに掃除をする、ガスではなくIHを使用することで多少は軽減することができます。

また、カウンタースクリーンやカーテンを設置することで、油ハネの広がりを抑えることも可能です。

気になる場合は設計時に合わせて検討してみると良いでしょう。

匂いが広がりやすい

アイランドキッチンは開放感がある分、キッチンの匂いが広がりやすいです。

パワーの強い換気扇をコンロの上に設置することである程度カバーすることは可能です。

ペニンシュラキッチンのメリット

コストが抑えられる

ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンよりもキッチンの価格が抑えられているものが多く、コストはアイランドキッチンよりも抑えることが可能です。

油ハネに強い

ペニンシュラキッチンは多くの場合壁側にコンロを設置しているため、油ハネに比較的強くなります。

換気扇配置の自由度が高い

ペニンシュラキッチンの場合、壁側にコンロを設置する場合が多いため、換気扇の配置はアイランドキッチンよりも自由度が上がります。

吊り戸棚で収納スペースを確保できる

オープンキッチンでは、収納の少なさがデメリットと感じる方も多いですが、吊り戸棚を取り付けることで解消することができます。

吊り戸棚を付けると対面キッチンの開放感を損なうことがありますが、目線が気になる方には「収納力」と「適度な開放感」の一挙両得となります。

ペニンシュラキッチンのデメリット

家事動線の取りやすさはアイランドキッチンに劣る

ペニンシュラキッチンは、片側が壁に面しているため、家事導線はアイランドキッチンに劣ります。

しかし、ペニンシュラキッチンの片側の壁の横に通路スペースを設けて、アイランドキッチンのように一週周れる導線を作る方法もあります。

開放感はやや失われる

ペニンシュラキッチンは、片面が壁に面していることで、開放感はやや失われます。

しかし、感じ方には個人差がありますので、モデルルームや見学会で実際に見てみると良いでしょう。

アイランドキッチンかペニンシュラキッチンか、間取りと相談して決めよう

第一に、間取りと相談する必要があります。

それに加え、どの程度オープンにしたいかも大切な要素です。

アイランドキッチンは視野を遮るのが作業台のみで、リビングとキッチンがほぼ一体となるので、その分視線が気になる方もいるかもしれません。

一方、開放感があるので人とコミュニケーションをとりやすい、料理を運ぶのが簡単というメリットがあります。

ペニンシュラキッチンなら、腰壁や手元の目隠し、吊り棚などの配置を工夫して、プライベート感を持たせることが可能です。

ペニンシュラキッチンはバリエーションも豊富ですし、アイランドキッチンよりも価格は抑えられます。

打ち合わせ時にご要望をお聞かせください

オープンキッチンを選ぶ際には、手元を隠したい、汚れがちなコンロの周りは見せたくないなどのご要望をお聞かせ下さい。

それぞれのオープンキッチンによって異なる特徴があり、間取りのレイアウトも違っていますから、メリットとデメリットを十分に理解して、自分に合ったタイプを選ぶようにしましょう。

あなたもぜひ理想のキッチンを手に入れてくださいね。

まとめ

オープンキッチンには、アイランドキッチンやペニンシュラキッチンなどの種類があります。

自分に合ったキッチンを選んで、心地よく暮らせる住まいづくりを実現しましょう。

関連する記事を見る