REGARD

キッチンを片付けるコツは「便利な方法」を知ること

食事の準備、気が進まないですか?

キッチンって食器類や調味料類など、どうしても物が多くなりがちで、ごちゃごちゃしてしまいますよね。
しかし、キッチンが物で溢れていると料理をする際、料理を始める前に邪魔なものをどかさなければなりません。

これでは時間もかかってしまいますし、見た目も好ましくないですよね。
すっきり整理整頓されているキッチンなら、料理をすぐに始めることができ時短にもなりますし、見た目も綺麗で清潔感があります。

今回は、物で溢れがちなキッチンを上手に収納するコツをご紹介します。

キッチンを片付けるコツと「使える」便利な方法

鍋の収納は「便利なアイテム」で

鍋は形もバラバラで、取手があるので重ねて収納がしにくく、収納に困るものの一つですよね。
「鍋を雑に収納していたら雪崩が起きた」なんて経験がある方も多いでしょう。
そんな鍋を綺麗に収納するには、仕切り板がオススメです。
仕切り板で鍋を縦に収納することで、取りやすくなり、また雪崩も防ぐことができますよ。

キッチンで活きる「突っ張り棒」を使いこなす

キッチンで調理をする際は、様々な用具を使います。その際、いちいち収納場所からよく使用するものを取り出すのは面倒で手間ですよね。
例えば、作業中よく使うキッチンペーパー、おたま、調味料、ラップなどを手の届く場所にまとめて置いておけたら便利だと思いませんか?
しかし、便利だからとキッチン台の上に置いてしまうとかえって邪魔になってしまいますよね。

このような状況は、突っ張り棒を使うと解決できるかもしれません。
突っ張り棒にキッチンペーパーを通して調理中でも使いやすくしたり、突っ張り棒にワイヤーネットをくっつければフックなどを設置して、おたまなどの調理器具を引っ掛けることもできますし、ラックを引っ掛けて調味料スペースを作る事も可能です。

突っ張り棒と、ワイヤーネットを組み合わせることで、収納の少ないキッチンに、省スペースの収納棚を作ることができますよ。

居心地のいいキッチンをお望みなら

上記のように、工夫次第でキッチンを使いやすくする方法はありますが、家を新築する場合は、最初から使い勝手の良いキッチンを実現することができるチャンスです。

例えば、あらかじめキッチンにニッチ収納を取り入れることで、オシャレで使い勝手の良い、理想的かつ愛着のわくキッチンを手に入れることができます。

・キッチン作業台の整理整頓には、キッチンニッチの導入が効果的!

リガードでは、建築家と話し合いをしながら家づくりを進めておりますので、理想のキッチンを手に入れることができます。
使い勝手の良いキッチンをお望みなら、ぜひリガードにご相談ください。

関連する記事を見る