REGARD

ミニマリストのキッチン ある「驚異的な断捨離術」とは

窮屈なキッチンから解放されたい

キッチンに物が溢れていたり、洗い物が溜まっていたりしてごちゃっとしていると、食事の準備をする気分もあまり乗らなくなってしまいますよね。
窮屈なキッチンは、使いにくいだけでなく、料理に対するモチベーションまで下げてしまいます。

キッチンのものは減らせないから…と、キッチンが物で溢れる状態に甘んじてはいけません。

ものを持たない生活を送る「ミニマリスト」のキッチンを参考にしてみると、ミニマリストではない人でも、すっきりと使いやすいキッチンのヒントが見つかるかもしれません。

ミニマリストと「水切りかご」

洗った後の食器を立てかける水切りかごは、食器を乾かすのに便利な反面、占める面積はバカになりません。
特に、狭いキッチンにおいて水切りかごはキッチンを圧迫してしまいがちです。
ミニマリストの中には、この水切りかごを「使用しない」生活を送っている方もおります。

そのようなミニマリストは、水切りかごの代わりに、布巾やタオルで食器をふいてそのまま収納したり、給水マットやスポンジワイプなどを水切りかごの代わりに使用したりしています。

そうすることによって、より少ない面積で洗った後の食器を乾かすことができます。
キッチンにおける圧迫感も大きく軽減されるでしょう。

しかし、食器類が多いとマットだけでは不十分ですし、ふきんで拭くのも追いつきません。
食器を立てかけて水を切るのはやはりかごの方が安定しているので、ミニマリストでも水切りかごを使用している方がいらっしゃいます。

ライフスタイルに合わせて水切りかごを断捨離するかどうか検討するというでしょう。

断捨離の家づくりで、キッチンを快適に

ミニマリストのようなライフスタイルを実践するにあたって、「収納の大きさ」を見直してみましょう。
収納は多ければ良いと思われがちですが、実は必要以上の収納があると、人はスペースを浪費している「無駄なもの」の存在に気づかなくなります。

「ミニマリストを自称するほど、ものを減らすつもりはない」という方も、
新築の際は自分のライフスタイルに合わせた収納を心がけることが大切です。
余分な収納を削ることができれば、他の空間を広々と使用することもできますよ。

家づくりは、「ものの必要性」を改めて見直すチャンスでもあります。
ライフスタイルに合わせた収納提案ができる家を、建築家と一緒に「断捨離」してみませんか?

関連する記事を見る