REGARD

リビング階段によって変わるライフスタイル

吹き抜けの居間とリビング階段は、お洒落住宅の代表ともいえる組み合わせです。
近頃ではリビング階段を用いた事例も多く見かけます。しかし、住宅設計を検討する際は、見た目や憧れだけでなく実用性を知ることは「住み心地」を求める上で欠かせません。

そこで当記事では、リビング階段の特徴をより深く理解して頂けるように、リビング階段の特徴やメリット・デメリットについてご説明します。

リビング階段の特徴

視覚的にも開放感があり、空間を広く感じさせる特徴があります。家の中でも人の気配を感じやすく、家族間でのコミュニケーションも活発になるでしょう。注文住宅で依頼する際は、吹き抜けと一緒にリビング階段を検討する方が多いです。

リビング階段のメリット・デメリット

リビング階段のメリット

・視覚的に広く見える
リビング階段のある間取りは視覚的に、部屋が広く見えます。この効果だけでも、リビング階段を取り入れる魅力は十分にあるでしょう。

・家族と顔を合わせる機会が多くなる
移動の際は必ず人の多い場所を通るので、自然にコミュニケーションをとる機会が増え、些細な変化にも気付けるようになるなど、戸建てならではの魅力が多いのです。特に親御さんは、子どもの気配を感じたり、コミュニケーションが取れることに魅力を感じるでのはないでしょうか。

・上下階でのコミュニケーションがしやすい
リビング階段では、上下階を遮るものが減りコミュニケーションが取りやすくなります。
具体的には、声が届きやすくなり、1階から2階への呼びかけも楽です。
空間を遮るものが減り、意思疎通がスムーズになります。

リビング階段のデメリット

・プライバシーをたもつことが難しい
リビング階段のおかげで家族の気配を感じることできる反面、常に誰かの気配がするというデメリットにもなります。いくら家族とはいえ、自分だけの時間を過ごしたい日もあるでしょう。

・嫌でも家族と顔を合わせなくてはいけなくなる
こちらもプライバシーの問題に関連しますが、リビング階段は人の集まるリビングにあるため、移動時には誰かと出会う可能性が高く、良くも悪くもコミュニケーションが取れてしまうからこそのデメリットです。

・ニオイや音が上階に伝わりやすい
リビング階段では多くの場合で吹き抜けのため、音とニオイ問題には注意が必要です。上階へ様々な影響があります。こうした問題の解決には、間取りの検討や、家族ルールを設けるなどの工夫が必要です。

家づくりの相談はリガードへ

弊社リガードでは、何十年も過ごす家だからこそ、品質だけでなく気遣いのある家づくりを心掛けています。

安心快適な高い性能と、暮らしやすさとおしゃれなデザインを両立する設計、それらの揃った良い家をお客様のご予算に合わせて提案しています。

少しでも興味を持って頂けましたら、ぜひ一度お気兼ねなくご連絡ください。
心よりお待ちしております。

CATEGORY

リビング,

関連する記事を見る