REGARD

リビングに、書斎のようなワークスペースを実現する方法

「自分だけの書斎」への憧れ

家を建てるにあたって、大人が憧れるものの一つに「自分の書斎を作ること」が挙げられます。
しかし、子供部屋や収納など、他の住空間が優先されてしまい、自分だけの書斎が実現しないのもよくあるケースです。都心の狭小地に家を建てる場合、空間が限られているので、なかなか個室としての書斎を持つということは難しいですよね。
そこで、都心の狭小地でも書斎のようなスペースを諦めない方法として、リビングにワークスペースを設ける方法をご紹介します。

リビングにワークスペースを設けるということ

リビングにワークスペースを設けても、どうせ書斎の代わりにはならない…そうは思わないでくださいね。リビングのワークスペースでも、アイディア次第で、書斎のような使い勝手の良いワークスペースを実現することができますよ。

リビングにワークスペースを確保する際のアイディア

本棚を壁代わりにする

壁一面の大きな本棚は、本好き憧れの空間です。その本棚を壁にしてデスクを置けば、スペースも節約できる上に、オシャレなワークスペースにすることができます。

壁に向かった本格的なデスクを設ける

リビングという開放的な空間でも、デスクを壁側に向けることによって、デスクワークに集中できるスペースを確保できます。リビングという場所の特性上、家族みんなが自由に使える空間になるので、大人も子供も集中したいときに自由に使えるようになります。

壁の配置など間取りを工夫する

リビングの一角にワークスペースを確保するためには、リビング全体の壁や家具の配置など、間取りの工夫が必要になります。設計の段階からワークスペースを取り入れていくことで、リビングに馴染むワークスペースを作ることができます。

書斎の施工が間取り上難しいときは

都内のように、広い土地面積を確保できない環境の場合、書斎として一つの部屋を確保することは、間取りの関係上なかなか難しい場合が多いです。それでもやはり、自分のワークスペースは確保したいものですよね。
そのようなときは、書斎を諦める前に、リビングにワークスペースを設ける選択肢があることを思い出してみてください。
リガードでは、持ち帰りの仕事が多かったり、在宅で仕事をしていたりと、家の中でワークスペースが必要なお施主様のご要望も、しっかりとヒアリングをして形にしていきます。
建築家と建てるセミオーダー住宅なので、細かいご要望にもお応えすることができます。
ワークスペースのある家なら、国分寺の工務店・リガードまでご相談ください。
・お問い合わせ

CATEGORY

リビング,

関連する記事を見る