REGARD

こんなはずじゃなかった!屋上を設置する前にチェックしておきたい「メンテナンス」とは?

憧れの屋上!けれど気になるそのメンテナンスは?

夢のマイホーム。家族でバーベキューを楽しんだり、知人とパーティーをしたりと、様々な用途で非日常空間を演出できる「屋上」を一度は検討したことがある人も多いのでは?

しかし、気になるのは設置した後のそのメンテナンスです。

普通の住宅の屋根とは違って、防水や遮熱など様々な施しを家づくりの段階から行う必要があるからこそ、設計段階からチェックしておきたいポイントですよね。

今回は、そんな屋上のメンテナンスについて取り上げます。

必須なのは「防水」対策!

屋上を設置するときに最も気になるのが「防水」対策。

近年の大型台風やゲリラ豪雨などのニュースを見ていると、せっかく屋上を設置しても設置前の防水対策、排水やメンテナンスなどが大変なのでは?と気になるはず。

防水対策はウレタン防水やシート防水など様々な方法を使って施工段階で行うことができますが、その際に気をつけておきたいのは耐用年数と保証。

どのくらいの期間でメンテナンス、リフォーム工事を行うべきかは設計段階から相談しておきたいところです。

安全性は確保しておきたい!手すりやラティスのチェックも!

屋上で安心安全に時間を過ごすなら落下防止の対策を行う必要もあります。

まして、小さな子供さんや遊び盛りの子供さんがいるご家庭であれば、安心して子供を遊ばせる為にも、施工段階から安全性はしっかりと確保しておきたいところですよね。

手すりを作ったとしても、雨に濡れることなどを考えると、腐敗の可能性もあり、定期的なチェックが必要です。

落下防止のためのチェックだけではなく、腐敗や老朽化によって、勝手に手すりなどが自宅に面している道路などに落ちてしまい、通行人を傷つけかねない危険性を考えると、しっかりとメンテナンスする必要がありそうです。

屋上を設置するときに気をつけておくべきことは?

以上のように、屋上を設置してもメンテナンスが大変だということを考えると、屋上を設置するには、過去に実績のある会社に頼むことや、屋上設置に向いた丈夫な家を設計してくれる業者に注文するのがベストです。

夢の屋上ライフを叶えるなら

リガード(REGARD)では、プロの先鋭アトリエ建築家による設計で御施主様の理想の住宅づくりを叶えます。

性能を重視しながらも、デザインまでハイレベル。そんな理想を叶えながらも、ご予算に合わせて夢マイホームの実現に貢献させていただきます。

まずはお気軽にご相談ください。

関連する記事を見る