REGARD

シロアリってどんな生き物? 生態から知るシロアリ対策

シロアリの生態から新築の防蟻を考える

先だって発刊された村上春樹『騎士団長殺し』には、屋根裏に住み着いたみみずくの描写がありましたが、
あんな共生関係であれば素敵だなと感じた方もおられるのではないでしょうか。

さて、家づくりにおいてもっとも注意が必要で、共生が不可能な生物としてシロアリがおります。

建物の基礎や柱、ついには家全体を劣化させ有事には倒壊を招いてしまう憎き害虫ではありますが、シロアリ自身も床下で雨風を防ぎ、食べ繋いでいる「生き物」でもあります。必死で生きようとする生物の命の灯火は、薬剤を駆使してもそう簡単に断つことができるものではありません。まずはシロアリの生態を知ることから、新築時のシロアリ対策を考えてみてはいかがでしょうか?

シロアリの種類と生息地

シロアリの種類は世界中で2000種類を超えると言われていますが、日本でよく見られ、建物に大きな被害を及ぼすシロアリはヤマトシロアリとイエシロアリの2種類です。
1月平均気温4度等温線を境に北がヤマトシロアリ、南がイエシロアリに分布が分かれています。ちなみに、リガードの所在する東京都はヤマトシロアリの生息地域になります。

シロアリとクロアリの違い

ただ「アリ」と言った場合に連想されるのは黒い体のクロアリです。クロアリの祖先は蜂、シロアリの祖先はゴキブリなので、色が違うだけではありません。また、シロアリのことを「羽アリ」と呼ぶ場合もありますが、「羽アリ」とは繁殖時期の羽がついているアリの総称であるため、クロアリの羽アリも存在します。
そのため、もしも家で羽アリを見つけたら、シロアリかクロアリかを見分け、シロアリの場合なら早急の対策が必要になります。

シロアリの餌・好物は?

シロアリは柔らかい木材だけを食べると思われていますが、実際は雑食で何でも食べます。段ボールなどの人工物も食べますし、シロアリに強いと言われているヒノキなどの固い木材でも食べることがあります。

新築時のシロアリ対策って?

一般的に「防蟻」と言った時は、薬剤の塗布または加圧注入によって、土台または構造部(躯体)のシロアリ被害を防ぐことを指します。
その方法としては、品確法・住宅性能表示基準の劣化対策等級に則ることが代表的です。最高等級である「劣化対策等級3」においては、以下の対策が求められます。

部位 劣化対策等級3で求められる対策
土台 土台に防腐・防蟻処理を義務付け(ただし、集成材の場合多くは免除)
外壁 外壁の軸組等に防腐・防蟻処理を義務付け(ただし、集成材の場合多くは免除)
基礎 べた基礎を採用、または土壌に防腐・防蟻処理

薬剤の効果は年々薄れていき、5年程度の経過で再度の対策を検討する必要がありますので、一通りの対策をとっても油断してはなりません。施工者と連携してシロアリ対策を進めましょう。

関連する記事を見る