REGARD

外壁に生まれてくる「ひび割れ」その原因と補修方法

経年劣化で発生してしまう外壁の「ひび割れ」

家を建てた時には綺麗な外壁であっても、年月が経つとどうしても出てきてしまうのが「ひび割れ」です。

ひび割れはを完全に防ぐことは難しく、構造上の問題ではないものではありますが、長らく放置してしまうと見た目が悪いだけでなく、ひび割れ部分から家の内部に雨水が浸入してしまい、結果的に家の寿命を縮めてしまったり、雨漏りの原因となってしまったりすることもあるため、見つけたら早急に対処をする必要があります。

このようなひび割れはクラックと呼ばれており、そのひび割れの原因によって呼び方が変わってきます。

外壁材別で考える「ひび割れ」の原因と補修方法

ひび割れの種類と原因

・ヘアークラック

ヘアー(髪の毛)のように細いひびであることからこのように呼ばれています。
ヘアークラックは塗料のひび割れで、モルタルやサンディングなどの外壁材で発生する場合が多いです。
緊急性のあるものではありませんが、見つけたらそろそろ外壁を塗り替える目安と考えられます。

・乾燥クラック
モルタルやコンクリートなど塗り壁工法の外壁で発生しやすいのが乾燥クラックです。
これはモルタルやコンクリートなどの壁の下地になる部分が、完全に乾く前に塗装をしてしまうことでこれらが水分を含んで膨張してしまい、ひび割れてしまうものです。
ですので、しっかりと乾燥させてから塗装をすれば防ぐことができます。

・構造クラック

地震や地盤沈下、また建物の構造自体の歪み等によって起きるクラックです。
放っておくと広がってしまうため、早急な対処が必要になります。

クラックの補修方法

クラックの補修方法はクラックの大きさや種類によっても異なります。
乾燥クラックや構造クラックは基本的には業者に依頼をして補修する形になります。
また、幅が1ミリを超えるような大きなクラックも危険なクラックの可能性が高いため業者に依頼をしましょう。

小さなヘアークラックであればDIYで修復することもできます。

こちらが過去記事です。

発生してしまう「家の症状」に対処する

家は建てた後、時間の経過とともにどうしても徐々に劣化していくものです。
その劣化を少しでも遅らせたり、防ぐためには早めの対処が必要になります。

何か異変を感じたら、放置せずに早めに対処をするようにしましょう。

関連する記事を見る