REGARD

今や外壁材の主流「サイディング」。モルタル壁より人気の理由とは?

サイディング外壁っていったい何?

サイディング外壁とは、建物の外壁に使用する、耐水・耐天候性に富む下見板のことで、材料によって窯業系サイディング、金属サイディング、木質系サイディングの3つに分けられています。NPO法人住宅外装テクニカルセンターの調査によると、8割弱の新築住宅が窯業系サイディングを選択しており、防火性や種類の豊富さ、通気構法などが人気の理由となっています。ここでは、サイディングとモルタルの違いについて、比較してみることにしましょう。

サイディングとモルタルにはどんな違いがあるの?

サイディングの特徴はシーリングで、コーキングというボードとボードの継ぎ目が存在しますが、モルタルにはひび割れという問題があり、漏水リスクが高くなります。サイディングには建物を長持ちさせる外壁通気工法が多く見られますが、モルタルでは通気工法が少ないのが特徴です。サイディングは四角形の連続で加工するのでデザインの自由性があまりありませんが、見かけをあまり気にせず、メンテナンスが不要な材料の方が良ければ、サイディングの方がお勧めと言えます。

サイディングのことなら専門家に相談しよう

サイディングやモルタルの長所や短所について理解して、マイホームに適した材料を選択するようにしましょう。自由なデザインで選ぶなら、モルタル系の外壁は色々な形状や塗料に対応でき、タイルや石を貼ることもできるでしょう。サイディングは、一定のデザインしか選べませんが、施工の安定性を考えるならメリットは大きくなります。サイディングやモルタルの外壁材には専門的な知識が必要ですから、住宅の専門家に相談することができます。サイディング外壁のことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

最近では、サイディングが外壁材の主流となってきました。サイディングやモルタルのメリットデメリットを理解して、気持ちよく生活できる環境づくりを心がけましょう。

CATEGORY

外壁,