REGARD

「モルタル」の長所と短所、作り方。あなたの実家もモルタル壁では?

外壁の表情を豊かにしてくれるモルタル

外壁材として有名なモルタルは、主にレンガやブロックの目地や、コンクリート表面の仕上げとして使われています。モルタルとは、セメント・砂・水を練り混ぜて、硬化した状態のことです。モルタルの耐用年数は30年前後で、特にメンテナンスを必要とせず、ひび割れが発生しても幅1mmを越えなければ、雨が入り込む心配がありません。モルタルはどんな形状にも適合するので、デザイン性の高い壁を作って外壁の表情を豊かにすることが出来ます。そんなモルタルにも、宿命的とも言える短所があるってご存知でしたか。

モルタルの宿命的な短所って何?

モルタルの避けて通れない宿命とも言える短所は、ひび割れです。ひび割れができると見た目が悪くなるだけでなく、雨が入り込むという問題が起こります。材料には乾燥すると縮むという性質があり、どちらかの側に縮むとひび割れるというメカニズムです。そこで、モルタルに鉄筋を入れることで、自由に動く面積を少なくさせ、ひび割れを防ぐことができます。ひび割れを抑制させる添加剤などもあり、宿命的な短所をなくすための努力はされていますが、いまだ根絶されていません。

モルタル壁の家のことなら専門家に相談しよう

豆知識として、れんが造りの花壇などを作るためには、モルタルを目地に入れる必要があります。三匹のこぶたの末っ子も、モルタルを使ったのだろうかと考えてみると、想像がふくらんで楽しいですね。最近ではサイディングが主流になって、モルタル壁の新築は減っていますが、その分だけ他とは違ったマイホームを実現できるかもしれません。モルタルを使った外壁材には専門的な知識が必要ですから、住宅の専門家に相談してみるとよいでしょう。モルタル壁のおしゃれな家のことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードへ気軽にご相談ください。

まとめ

モルタルはどんな形状にも適合するので、デザイン性の高い外壁を作って表情を豊かにすることができます。モルタル壁の長所や短所について理解して、素敵な住まいづくりを実現してみましょう。

CATEGORY

外壁,