REGARD

室内犬の理想のトイレの場所って?

「犬」も「人」も快適に過ごせるように

都心部で犬を飼う場合、ほとんどが室内飼いになるかと思います。
室内で暮らす犬にとって、トイレの環境は非常に重要です。

また、人間もそこで一緒に生活しているわけですから、人間にとっても犬のトイレの場所は重要です。
犬がトイレの場所を覚えられなかったり、気に入らなかったりしてトイレではない場所にしてしまうと、掃除をする人間も大変です。
また、人間の食事スペースの近くに犬のトイレがあっても、気持ちの良いものではありませんよね。

犬も人間も快適に過ごせるトイレの設置場所はあるのでしょうか?

犬のトイレを決めるにあたって

犬のトイレの場所を決めるにあたっては、人間も犬も使いやすい場所を考えなければなりません。
犬と人間が共生する家ですから、どちらにとっても使いやすい場所にトイレを設置しましょう。
以下でトイレの場所を決めるにあたってのポイントを紹介します。

犬の寝床とトイレは離す

野生では寝床の近くで排泄をしてしまうと敵に見つかってしまいます。その名残から、犬は今でも寝床の近くに排泄をしない習性があります。
ゲージにトイレが一体化しているものがありますが、これは実は犬の習性には合っていないのです。
仔犬や留守番が長い場合は、ゲージ内に一時的にトイレを設置するのは良いですが、普段は寝床と分けてあげたほうが良いと言われています。

落ち着ける場所を探そう

人間もトイレ空間が騒がしかったり温度差が激しかったりで過ごしにくいと落ち着いて用を足すことができませんよね。犬も同じです。
人の通りが気になる廊下や、外の音が木になる窓際や玄関先などにトイレを設置すると、落ち着いて用を足すことができないので別の場所に粗相をしてしまう場合があります。

一日中静かで落ち着ける場所にトイレを設置してあげると良いでしょう。

トイレ掃除をする人間の使い勝手も考える

トイレシートの上できちんとできても、トレーにおしっこが溢れてしまったり、便が床に落ちてしまうこともあります。これらの掃除は飼い主の人間が行うことになりますので、人間が掃除をしやすいことも考えて場所を選ぶと良いでしょう。洗面所やお風呂の近くであれば、汚れたトレーをすぐに洗えるのに便利です。

しかし、人間の都合だけでなく、上記の犬の都合や習性を考えた上で、犬も人間もどちらにも使いやすい場所を考えてトイレの場所を決めましょう。

「犬と住む家」を建てるなら

注文住宅なら、あらかじめ犬がいる生活を意識した家づくりが可能です。
設計の段階で人間にも犬にも使いやすいトイレスペースを確保しておけば、より快適なトイレに仕上げることができ、人間もワンちゃんも満足できるでしょう。

リガードでは、建築家と相談をしながら家づくりを行なっておりますので、犬との共生を考えたプランも承っております。犬が好きなスタッフや建築家もおりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

・REGARD BRAND CONCEPT

・お問い合わせ

関連する記事を見る