REGARD

犬と寄り添って一緒に寝る暮らし。注意すべき理由とは?

犬が布団に入りたそうだったから・・・

可愛い愛犬が自分の布団に入りたそうにしているのを見ると、ついつい一緒に寝てしまいたくなりますよね。
いつも愛犬と一緒に寝ている方でも、一度は「犬と一緒に寝ることはよくない」という話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

よくないと聞いていても、具体的に何がいけないかわからなかったり、特に問題行動は見当たらなかったり、飼い主側が一緒に寝たくてつい寝てしまったりと、犬と一緒に寝ることを続けている飼い主も多いかと思います。

今回は、犬と一緒に寝るのがいけない理由をいくつかご紹介します。

犬と一緒に寝ることの「ネガティブ」ポイント

衛生面の問題

犬と一緒に寝ると、寝具に犬の毛がつくことは避けられません。また、犬は散歩でダニや花粉などのアレルゲンを体に付着させているかもしれません。散歩後にしっかりと体を拭いても完全に取り除くことは難しいでしょう。
寝具をこまめに洗ったりしても、アレルギー体質の人には辛い環境になってしまうことは否めません。

寝ている隙に犬がいたずらをする危険性がある

サークルなどの囲まれた空間で寝ている犬は、サークルの中から飼い主に出してもらうまで外に出られないので、飼い主が寝ている間にいたずらをすることはできません。しかし、飼い主と同じ布団で寝ていると、飼い主が寝静まった後にこっそりいたずらをしてしまう危険性があります。
届かないと思って高い場所に置いていたピアスや人間用のお菓子などを寝ている隙に誤飲をしてしまうという事故もあるようです。

しつけの問題

犬の社会は階級社会です、ボスと同じ場所で寝るということはありません。人間と暮らしている犬にとって、ボスは人間である飼い主です。飼い主と同じ布団で寝ることで、犬は飼い主をボスだと思わなくなり、いうことを聞けなくなってしまう場合があるようです。

分離不安になる恐れがある

寝る時間まで一緒に過ごすと、犬にとって飼い主と常に一緒にいることが当たり前になってしまいます。そうなることで飼い主と離れることに不安を感じてしまい、お留守番中に吠えたりいたずらをしたり粗相をするなどの問題行動を起こしてしまう分離不安を発症してしまう可能性があります。甘えん坊の犬は特に注意する必要があります。

それでも一緒に寝たい場合のポイント

犬と一緒に寝ることは衛生面や問題行動を起こす危険性がありますが、きちんとルールを守ることができれば大丈夫という意見もあります。
一緒に寝たいという場合は、
・寝具は常に清潔を保つ
・犬がベッドから落ちないように柵などで対策をする
・ケージやクレートも落ち着ける場所だとしつけをして、犬がそちらでも眠れるようにする
・誤飲やイタズラができないように寝室に危険な物を置かない
・他の面で主従関係をしっかり保つ工夫をする

このようなことを守るようにしましょう。

犬と暮らす「家」を叶えるなら

注文住宅であれば、人間の家に犬が住むという感覚ではなく、人間と犬が快適に共存する家づくりをすることも可能です。
建築家とともに犬との生活を考えた家づくりをすることで、より快適で楽しい愛犬との生活を満喫できるでしょう。
リガードではお施主様のライフスタイルに寄り添ったプランを建築家とともに考えております。
犬との生活を考えた家づくりなら、ぜひ一度ご相談ください。

・REGARD BRAND CONCEPT

・お問い合わせ

関連する記事を見る