REGARD

新築を買う前のペット選び。ハウスメーカーとペットショップそれぞれでわかること

新築を建てたらペットを飼いたい、と考える方へ

「せっかく家を建てるなら」
ここから膨らむ想像は無限大ですよね。
いざ新築を建てるとなったとき、どこまで理想を現実にできるか、大いにワクワクされることでしょう。
新築住宅での生活の夢として、ペットとともに暮らす生活があります。賃貸物件ではペットを飼える物件は限られているため、せっかく新築住宅を建てるなら、今まで飼うことができなかったペットを飼ってみたいと考える方は多いのではないでしょうか?

ペットを飼うということは、新しい家族が増えることになります。
そのため、家づくりの段階である程度ペットとの暮らしが想像できていると、ペットにとってもお施主様ご家族(飼い主)にとっても住み心地が良いものになるでしょう。

先にペットショップに行くか、ハウスメーカーに行くか

新居に入居後にペットをお迎えする場合、ペットショップとハウスメーカーどちらに先に足を運ぶ方が良いのでしょうか?

先にペットショップに行く場合

初めてペットを飼う方の場合、「自分の好みを知る」意味で、ペットショップに一度足を運んで見ることは重要です。
家族構成やライフスタイルに合わない種類のペットを迎えることにならないように、ペット飼育に知識のある店員に話を聞くことも大切です。

実際に見てみることで、ざっくりと飼育に必要なスペースや設備について見積もることができます。

ハウスメーカーに先に行く場合

ハウスメーカーでは土地や建築プランの相談ができます。
土地の広さや形状、土地の制約等から家のおおよその広さを知ることができます。
家の広さや周辺環境によって飼えるペット、飼いやすいペットの種類が変わってくるので、先にハウスメーカーに行ってみると、「どんなペットと暮らせるのか」イメージがしやすくなります。

ペットも家族、お互いに住みやすい家にするために

先にペットショップに行く場合、ハウスメーカーに行く場合それぞれにメリットがあることがわかりました。
ペットと暮らすことに憧れている方は、万全の準備をして理想の暮らしを叶えましょう。

リガードの家づくりでは、建築家と直接話し合いの場も設けております。
そのため、お施主様それぞれのニーズに合った注文住宅の施工が可能です。
ペットを飼いたいという事を伝えていただければ、リガードが理想の実現をお手伝いさせていただきます。

関連する記事を見る