REGARD

愛犬と暮らすリビングのインテリア 注文住宅で実現出来る犬の暮らし

注文住宅で愛犬も人間も快適な家を建てよう

愛犬との生活は、日々の生活に潤いを与えてくれるかけがいのないものですよね。最近はペットブームもあってか、ペット可の集合住宅も増えてきましたが、やはり鳴き声や匂いなどのトラブルが気になってしまうという方も多いでしょう。
その点、注文住宅であれば、人間も犬も過ごしやすい家を一から設計することが可能です。愛犬も家族の一員ですから、住宅を設計する際には愛犬の住み心地もしっかり考えてあげたいですよね。
人間が仕事や学校で家を空けている間、愛犬はお留守番をしていることになりますから、おうちで一番長い時間を過ごすのは愛犬です。特に、犬は群れで生活する動物、家族と一緒にいることが大好きですから、リビングに長い時間いることになります。

愛犬が住みやすい家にするには、リビングを愛犬にとって快適な空間にするということが大切になります。

リビングを愛犬にとって快適な空間とするために

家族と一緒にいることが大好きな愛犬は、必然的にリビングで長い時間を過ごすことになります。そのため、愛犬のサークルをリビングに設置する場合も多いです。
リビングは家族団らんの場所ですから、愛犬もリビングにいることで家族と触れ合えて、きっと幸せな時間を過ごしていることでしょう。
このように、愛犬が長い時間を過ごすリビングは、愛犬が快適に過ごせるように工夫をしてあげると、人間にも犬にも快適な空間になります。
例えば、壁紙を傷つけないように、腰壁を設置したり、床を滑りにくいコルク材を使用すると良いでしょう。傷がつかないことで人間にも優しいですし、犬も歩きやすく怪我の予防につながります。
注文住宅ならではの工夫としては、愛犬専用の水飲み場やトイレの場所を設置するなどがあります。
 

住宅性能アップで実現する「犬にとって心地よいリビング」

犬にとっても人間にとっても、室内の温度や湿度を快適に保つことは、快適に暮らすことはもちろん、日々の健康管理にも重要です。
特に、夏場はお留守番中のペットが熱中症になってしまうリスクがあります。留守番中に冷房をつけるにしても、高気密高断熱の省エネルギー住宅なら、エアコンのランニングコストを抑えることができ、人間にも嬉しいですよね。万が一停電などでエアコンが切れてしまった場合でも、高断熱の家なら外の熱をシャットアウトするので、室内の温度が急激に上がるのも防ぎます。

また、計画換気で室内の空気をいつも清潔にする、カビや結露対策に調湿機能のある壁材を使用する、などの対策も、犬も人間も心地よく過ごせるための機能です。

犬と暮らすなら、フローリング施工は要注意

一般的なフローリングは、犬にとっては滑りやすく腰や股関節を痛めやすい、リスクのある床材です。

・愛犬の健康を守る家。腰痛にならないための床材選び

滑りにくくなるようマットを敷いて対策をする方法もありますが、人間はたまには素足でフローリングを歩きたいと思う方もいらっしゃいますよね。
犬も滑りにくい床材として、コルク材が挙げられます。また、一部の無垢材も、合板に比べて犬に負担をかけないとされています。フローリングも一から人間と犬の満足できるものを選べるのも、新築住宅の魅力ですよね。

犬と暮らす新築の導線設計

新築ならではの犬と暮らすための設計は、動線を考えた家づくりができることです。
玄関前に犬の足洗い場を設置したり、エントランスに犬の散歩グッズ置き場を作ったり、リビングの設計に犬のトイレや水飲み場を組み込んだり…
人間と犬が共存する上で、お互いに過ごしやすい環境を考えた動線を取り入れていくと良いでしょう。
 

犬と暮らす注文住宅の設計なら

愛犬と暮らすために、人間も犬も住み心地の良い家を、と考えると、愛犬も含めたご家族の構成やライフスタイルをしっかりヒアリングした上で、最適なご提案ができる注文住宅がオススメです。
リガードの「建築家と建てる家」を建てる建築家の中には、犬好きの建築家もおりますので、愛犬トークに花を咲かせながら家づくりのヒアリングをすることができますよ。

・お問い合わせ

関連する記事を見る