REGARD

042-320-4422
ファミリークロゼット クローゼット

家族の衣類が一箇所に集結「ファミリークローゼット」

「ファミリークローゼット」とは、家族の衣類を一箇所に集約したクローゼットのことで、近年、導入する新築住宅が増えてきています。

家族の衣類を一箇所にまとめることで、洗濯の時や朝の忙しい時間の家族全員の動線をスッキリさせることができると言われています。

上手に設置をすると生活が見違えるように便利になるファミリークローゼット、今回はその特徴や注意点などを詳しくご紹介します。

ファミリークローゼットの利点と注意点

家事導線上の利点

ファミリークローゼットに服をまとめて収納すれば、洗濯後の洋服を家族それぞれの部屋に運んで収納する手間が省けます。
洗濯物を1階で干す設計なら1階に、2階で干す設計なら2階に設置するとより便利です。

家事の時短に繋がるので、共働きのご家庭にもオススメです。

生活動線上の利点

ファミリークローゼットが玄関や洗面室へ直接アクセスできるような造りの場合、朝の忙しい時間帯は

朝起きて洗面所に行く→ファミリークローゼットで着替える

帰宅した際には、

玄関から洗面室へ行き手洗い・うがい→部屋着に着替える

という動線を作ることができるので、いちいち自分の部屋に服を取りに行く手間が省けます。
また、ファミリークローゼットがウォークスルータイプなら、朝こみがちな洗面室もスムーズに利用することができますね。

また、玄関から近いと外に出て上着が必要、不要と思った場合でもすぐに取りに行く、しまいに行くことが出来るので便利です。

導線設計上の課題

ファミリークローゼットで生活動線が改善されるというのは上述の通りですが、家族全員が集まるクローゼットのため、動線設計を間違えると逆に使いにくくなってしまう恐れがあります。
家族構成、ライフスタイルにあった動線になるように施工業者とよく相談しながら取り入れて行きましょう。

家族構成の変化、子供の成長を見据えた設計が必要

子供が小さいうちは子供の衣類もファミリークローゼットに収納すれば、朝の身支度の手伝いを親がしやすいなど、メリットの方が多いかもしれません。

しかし、子供が成長し、特に思春期頃になると、家族と同じ収納を嫌がるかもしれません。
子供が大きくなったら子供の衣類は子供部屋に仕舞えるようにするなど、子供が成長したときのことも考えて収納計画を立てて置く必要があります。その時に備えて、子供部屋にも収納スペースを設けて置くことも選択肢です。ファミリークローゼットに衣類をしまって生活している間は、子供部屋の収納を、子育てグッズの収納として活用しておいても良いでしょう。

経験豊富な建築家と造る「ウォークインクローゼット」

ウィークインクローゼットやウォークスルークローゼットは大容量の収納力が魅力的です。中に入れるので、収納してあるものが取り出しやすいのも嬉しいですよね。
しかし、便利と言われるウォークインクローゼットも、動線設計を間違えると一気に使いにくいものに…
ウォークインクローゼットは動線設計を綿密に行える設計者に依頼する必要があります。

リガードの「建築家と建てる家」は、建築家と納得がいくまで話し合いをしながら建てるセミオーダー住宅です。お施主様のどんな小さなご要望でもしっかりと対応いたします。

家族の生活動線を考えた家づくりは建築家の専門分野。
使いやすさを追求した家づくりなら是非一度リガードにご相談ください。

・REGARD BRAND CONCEPT
・アトリエ建築家と建てるオンリーワンの家づくり
・アトリエ建築家(一覧)
・お問い合わせ

無料セミナーのご案内

第47回 ~知らなきゃ損する~ 後悔しないための賢い家づくり勉強会 「3割引で住宅を取得する方法とは?」などウェブではわからない耳寄りな情報が得られる特別講義。
アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD