REGARD

快適な暮らしのために。新築の「自転車置き場」を忘れないで!

忘れがちな新築の「自転車置き場」

新築の家のプランを考えるときに、建物自体の外観や内装にはこだわりますが、外構に関しては意外と目が行かないと言う方は多いです。
また、外構までしっかりプランニングできている方でも、「駐車場」と「庭」に関してはきちんと考えて計画を立てますが、意外と見落としがちなのが「自転車置き場」です。

「現在自分たちが乗っていない、子供もまだ自転車に乗る歳ではない」と言う方は特にそうなりがちでしょう。

自転車置き場のことを考えないとどうなる?

自転車置き場がないと、庭や玄関周り、車の横のスペースなど、とにかく空いている部分に自転車を置くことになります。
玄関周りに置くと玄関前のスペースが自転車で占領されてしまい、使い勝手が悪くなるだけでなく生活感が溢れ出してしまいます。せっかくこだわった外構も、無造作に置かれる自転車のせいで台無しなんてことになってしまうかもしれません。

車の横のスペースに置いている場合、強風などで自転車が倒れて車に傷をつけてしまう恐れもあります。

このように空いているスペースに自転車を置くと、通路も狭くなりがちなので自転車を使いたいときに取り出しにくく、普段使いだと毎日ストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。

また、無造作に置くことで雨風に晒され、自転車が傷んでしまう要因にもなります。

このようなことを避けるためにも、外構プランの計画の段階から自転車を置くスペースを考えておく必要があります。

自転車置き場を考えるポイント

どれくらいのスペースを確保するか

一般的な自転車のサイズは全長190、幅60センチ以内なので、何人分の自転車の駐輪スペースが必要なのかを考えれば確保すべきスペースが見えてきます。
出し入れしやすいようにスペースに余裕を持たせられるのが理想です。

自転車置き場をどこに設置するか

通勤や通学、買い物等で使う頻度が多いほど、動線は重要になってきます。
玄関から駐輪スペースへの動線、駐輪スペースから道路までの動線を考えて設置場所を決めましょう。

使い勝手の良い場所やスペースはそれぞれの家族のライフスタイルや家の間取り、外構プランによっても変わってきます。
リガードなら、外構プランも含めてご相談を承っておりますので、総合的なプランニングが可能です。

CATEGORY

収納,

関連する記事を見る