REGARD

衣裳部屋に詳しくなろう!

衣裳部屋という選択肢

前回の記事では、毎年増える洋服の山の解決策の1つとして、衣裳部屋をご紹介しました。

 

衣裳部屋と言うと、なんだか豪華なイメージもありますが、洋服持ちの方の場合には、その選択肢がベターになる可能性もあります。

 

今回の記事では、具体的に衣裳部屋のメリット・デメリットを見ていきましょう。

衣裳部屋とウォークインクローゼットは何が違う

「衣裳部屋ってウォークインクローゼットの大きいやつでしょ?」

そう思われる方も多いかもしれませんが、厳密には少々違いがあります。

 

ウォークインクローゼットは、基本的には収納に特化している場合が多いです。

衣裳部屋の場合は、衣裳の収納だけでなく、鏡を置いてその場で着替えができるようになっているなど、収納だけでなく衣装に関わる動作もできるようになっている場合が多いです。

ドレッサーをおいたり、アクセサリー等の小物類も一緒に収納することで、衣装部屋だけでコーディネートが完成するようにしている場合も。

 

また、ウォークインクローゼットの場合は衣装以外のものも収納することがありますが、衣装部屋は基本的には衣装に関わるもののみの収納となります。

 

衣裳部屋のメリットデメリット

メリット

・着替えが楽になる

・洗濯物の収納が楽になる

・家族の洋服を一括管理できる

・洋服の収納場所に困らなくなる

と言うようなメリットが挙げられます。

 

基本的に衣裳部屋に家族の衣類を一括保管するので、洗濯物をたたんでしまう家事が楽になります。

また、家に帰って部屋着になる、朝起きて仕事着に着替えるのも、1箇所で済むので動線も短くて便利です。

 

デメリット

・スペースは最低でも3.5畳は必要と言われる

・衣類だらけの部屋なので埃が溜まりやすい

 

衣裳部屋の為に一部屋必要となると、他の部屋の広さにも影響を及ぼす可能性があります。

また、収納物の特性上埃が溜まりやすいので、こまめな掃除が必要になります。

空気清浄機や、掃除機を置いている方もいらっしゃるくらい掃除はマメにしなければなりません。

 

衣裳部屋を作り、家族の衣類を一つにまとめることで、管理がしやすくなったり、着替えの動線が短くなる反面、スペース面や掃除が大変だったりと、一長一短ではあります。

 

リガードでは、ライフスタイルに寄り添ったプランをご提案しておりますので、衣裳部屋の有無を含めて綿密に相談をしながら家づくりを進めることが可能です。

 

CATEGORY

収納,

関連する記事を見る