REGARD

木造軸組パネル工法の家 耐震性や気密・断熱性はどうなの?

木造軸組パネル工法は新しいタイプの「木の家」

「木造軸組構法」は、大工さんが梁と柱で躯体を組み上げていく、日本古来の家の工法です。日本古来の工法なので、日本の風土にあった工法であること、間取りの自由度が高いことが知られています。「筋交い」という、柱や梁に対して斜めに入れる木材によって耐力壁を作り、それを適切に配置することで耐震性を確保しています。

一方、「木の家」には「木造軸組パネル工法」という工法もあることをご存知でしょうか?この工法では、構造用合板(またはパネル)と呼ばれる材料を、柱や梁と合わせて用いることで、家全体を包み込むような形となり、構造体を作ります。これをモノコックと呼び、強度の必要な宇宙船や航空機などにも採用されている構造です。

昨今、木造軸組構法の家に代わって木造軸組パネル工法の家が、「木の家」として施工されるようになってきています。木造軸組パネル工法が、なぜ選ばれているのでしょうか?その特徴をご紹介します。

木造軸組パネル工法の家の特長

耐震性が高い

木造軸組パネル工法では、壁全体で建物を支えるため、線(柱と梁と筋交い)で支える木造軸組構法の躯体に比べて耐震性が高くなります。
また、木造軸組パネル工法に使われる構造用合板の中には、建築基準法で定められている最大の壁倍率「5倍」の大臣認定を受けたものがあります。このような素材自体が耐震性の高いものを適切に用いることで、耐震性を高めることができます。

断熱性が高い

木造軸組パネル工法の家は、パネルの性能が命です。良い性能のパネルを選ぶことによって、家の質を高めることができます。断熱性の高いパネルを選ぶことによって、夏は涼しく冬は暖かい、快適な家を作ることができます。また、それによってエアコンの使用量を抑えることができるので、光熱費を抑えることも可能になります。

しかし、いくら良い性能のパネルを選んで施工しても、施工の際に隙間ができてしまっては、気密性が低くなるので魔法瓶の家は実現できません。丁寧に施工をしてくれる業者を選ぶことで気密性を高め、気密性と断熱性、どちらも高い家を作ることができます。片方が欠けてしまうと、思ったような効果(EB・NEB)が得られませんので、しっかりした業者を選ぶようにしましょう。

・高断熱住宅で大切なQ値(熱損失係数)とC値(相当すき間面積)のバランス
・HEAT20が提唱する、ノン・エナジー・ベネフィットの感じられる家とは?

耐火性が高い

不燃性を高めたパネル、つまり燃えにくいパネルで覆うことにより、家の耐火性が高まります。木造軸組工法の家の場合、「燃えても家の構造が保てる」、燃えしろ設計によって耐火性を高めます。
一方、木造軸組パネル工法の家では、パネルそのものが燃えにくくなるように、製品を改良して耐火性を高めます。

リガードは「SWパネル」を採用した家づくりを得意とします

木造軸組パネル工法の家を建てる際は、どの構造用合板(パネル)を選ぶかが大切です。リガードでは、LIXIL社のSWパネルを用いた、SW工法の家の施工を得意としています。高性能なスーパーウォールパネルを使用することで、高気密高断熱に加え、高耐震性を実現しています。
日本古来の木の風合いが感じられるけれど、現代の先端を行く耐震性、気密・断熱性、耐火性にこだわるお施主様は、ぜひリガードまでご相談ください。

関連する記事を見る