REGARD

「トイレ・フローリング」の相性と考えられる最悪の結果について

トイレの過酷な環境から床材を考える

トイレはいつ入ってもキレイ、汚れや臭いを気にしたことがないという人は、実は影でトイレ掃除をしてくれている人がいるからということを忘れてはいけません。
トイレは思っている以上に汚れが飛び跳ねていることが多く、気付かないうちに汚れがどんどんこびりついてしまう過酷な環境です。そのため、トイレ空間での掃除のしやすさはとても重要です。

最近ではトイレの床をフローリングにしたいという方が増えてきています。
トイレにフローリングはどうなのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

トイレにフローリングはオシャレだけど・・・

トイレの床材は、掃除のしやすさが大切です。
フローリングはリビングなどの部屋では掃除もしやすく便利ですが、トイレは少々環境が異なります。

フローリングは木材、木材は水に弱いです。
トイレは水を使用する場所、気をつけて使用していても水はねでフローリングが腐食したり変色したりしてしまうこともあります。また、尿の飛び散りでアンモニア臭がフローリングに染み付いてしまい、臭いの原因にもなりかねません。

フローリングのトイレ。見た目はオシャレですが、トイレという環境に普通のフローリングは適しておらず、すぐに汚れや臭いが蓄積してしまい後悔の元となってしまう可能性が高いです。

しかし、最近では水に強いフローリング材、耐アンモニアのフローリング材も登場しており、このような製品を利用すればトイレにフローリングを導入することも可能です。
しかし、このような製品でもフローリングの継ぎ目から汚れが広がってしまうこともあるので、施工業者にしっかりと確認をしてから導入を検討しましょう。

トイレにはこだわるだけの理由がある

トイレは誰もが一人で落ち着いて過ごせる場所、トイレにこもる時間が幸せと感じている人も多いようです。
落ち着ける、リラックスできるトイレにするためには、トイレの空間づくりにはこだわらないといけません。
いくら一人になれて落ち着ける空間でも、汚いトイレでは落ち着けませんよね。

落ち着いた空間造りのためには、見た目も清潔感も大切です。
こだわりのトイレなら、建築家にぜひご相談ください。
リガードなら、トイレ空間にまでこだわりの詰まった家づくりが可能です。

・REGARD BRAND CONCEPT
・アトリエ建築家と建てるオンリーワンの家づくり
・アトリエ建築家(一覧)
・お問い合わせ

CATEGORY

トイレ,

関連する記事を見る