REGARD

珪藻土の塗り壁の魅力って?

湿度を調整してくれる「珪藻土」の壁

サラッとした質感で、お風呂上がりに丁度いいと珪藻土バスマットが注目を浴びています。

珪藻土バスマットは、調湿作用のある珪藻土を使用したバスマットです。
調湿作用があるので、お風呂上がりの濡れた足でマットに上がると、足元の水気を吸い取ってくれるため、カラッと気持ちの良い肌触りになるのです。

珪藻土は、バスマットだけでなく壁にも使用することができます。
壁に珪藻土を使用することで、部屋の湿度を調節する作用が働き、ジメジメしている時期はカラッと、乾燥している時には潤いを与えてくれる、機能的な建材です。

珪藻土とは、珪藻が長い年月をかけて化石化したものです。そのままでは不純物が多いため、高温で熱して不純物を取り除いて壁材として使用しています。珪藻土はそれ自体には糊のように固まる成分が入っていないため、各メーカーが独自の配合で糊や接着剤などを混ぜて珪藻土の塗り壁として販売をしています。

「珪藻土」という言葉は近年よく聞くようになりましたが、珪藻土を壁に使用するとどのような効果があるのでしょうか?

珪藻土の塗り壁って何?

塗り壁とは、下地の上に素材を何層にも塗り重ねて仕上げる壁です。
コテやローラーを使って職人さんが仕上げます。

・「塗り壁」ってどんな外壁? 今どきの塗り壁の魅力

塗り壁に用いられる典型的な素材が「漆喰」なので、「塗り壁」というと外壁に用いられる漆喰壁を指すことが多いです。

珪藻土の塗り壁は珪藻土を含んだ素材を塗って仕上げる壁です。
上述の通り、珪藻土には調湿作用があるため、壁に珪藻土を取り入れることで部屋の湿度を快適に保つことができるようになります。
また、自然素材の柔らかな質感、職人の塗り方の味など壁紙では再現できないようなオシャレな見た目も魅力的です。

珪藻土の塗り壁を導入する際、気をつけたいこと

珪藻土は湿気を吸ったままにしておくとカビてしまう可能性があります。適度に換気をして吸った湿気を吐き出させることが大切です。

カビは見た目が悪いだけでなく、アレルギーやハウスダストなどの健康被害にも繋がってくるため、適切な対処が必要です。
カビの健康被害、予防や対策については以下の記事をご覧ください。

壁のカビ対策で家族の健康を守る家に

カビと病気の因果関係 健康被害を引き起こさないための対策とは?

珪藻土の塗り壁のカビ対策については次の記事で紹介しています。

関連する記事を見る