花粉症に「家づくり」から対応できないのか?

今や国民病とも言える花粉症。ご自身が花粉症でなくても周りに花粉症の人がいないという方はほとんどいないのではないでしょうか?

花粉症は花粉に対するアレルギーです。
体内に侵入した花粉を異物だと感じると、それを排出するために鼻水やくしゃみが出てきます。

花粉症の症状を防ぐためには花粉にできるだけ触れないようにすることが大切です。

そのため、この時期は洗濯物を部屋干しにしたり、窓を開ける回数を減らしたり、掃除をこまめにしたりするようにしてなるべく室内に花粉を入れないようにするという方も多いでしょう。

花粉を避けた「部屋干し」の空間を

花粉だけではなく、梅雨の時期などでも「部屋干し」を行うことが多いと思います。
また、雨の日でも部屋干しをするご家庭も多いため、部屋干しをする機会は結構あります。

しかし、部屋干しの場所に困ってしまうという方も多いのではないでしょうか?
洗濯物をあまり来客の目に入るところには入れたくないものですし、リビングやダイニングの近くに干して食事の匂いがついてしまうのも困りものです。

部屋干しをする際には、人目につかない場所であることのほかに部屋干し特有の匂いを抑えるために除湿や換気のできる場所というものも大切な条件になります。

浴室乾燥がある場合はそちらを利用する手もありますし、家事室がある場合はそこに干すのも良いでしょう。
また、階段を上がった2階ホールにスペースがあればそちらを利用すると人目につきにくいです。

どこで干す場合でもサーキュレーター等で洗濯物に風邪を送って乾きやすいようにしたり、除湿機を設置したりするなど換気や除湿ができるように注意が必要です。

除湿機能のついた空気清浄機を利用すれば、花粉も取り除くことができて一石二鳥です。

過ごしやすい生活を「家づくり」で支える

花粉を家に入れないようにするためには、玄関先で体についた花粉を落としたり、室内干しをしたりと日々の生活で気をつけるべき点はあります。

しかし、花粉を防ぐために窓を開けたくないとなると高気密住宅で第1種換気を取り入れるなど、家づくりの段階から考えなければなりません。

リガードでは高い基準の高気密・高断熱住宅を提供しております。
そのような高性能な住宅を建築家と相談しながら立てることができ、間取りもライフスタイルに合わせられるので、住んでからも満足の続く家になるのです。

花粉の時期も快適に過ごせる家づくりならリガードにご相談ください。

無料セミナーのご案内

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD