REGARD

木と鉄骨、階段の二つの材質について

スチール階段は木造住宅にも施工できる?

階段は階を繋ぐための道具、としてだけ考えて家づくりをするのは勿体無い考え方かもしれません。
最近ではシンボリックなデザインで、リビングの真ん中にあえて置く階段もあります。
そのようなデザイン性を重視した階段でよく取り入れられているのが、スチール階段です。
木造住宅はほとんどが木材でできていますが、そこに異素材のスチールが入ると、とても良いアクセントになり印象がガラッと変わります。
また、スチール階段は基本的にスケルトン階段なので、リビングに設置してもスッキリしていて部屋を広く見せる効果もあります。スケルトンの場合、光を遮らないので部屋に効率よく光を取り込むこともできるのです。

オシャレで洗練されたイメージのスチール階段ですが、「木造建築に設置できるの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。
結論は、「可能」です。

しかし、構造計算がややこしくなるために、あまり良い顔をしない施工会社もあります。
リガードでは問題なく承っておりますので、断られてしまった経験のある方でもぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

スチール階段にはどんな特徴がある?

スチール階段は、何と言ってもその存在感が特徴です。住宅のシンボルになるような、オシャレな施工ができるので、リビングの真ん中に持ってきても野暮ったくなりません。
基本的にスケルトン階段になる場合が多いので、部屋をスッキリと広く見せることもできます。
しかし、スケルトン階段は隙間から物を落としてしまったり、小さなお子様がすり抜けてしまったりする危険性があるので、小さなお子様がいらっしゃるご家庭は注意が必要です。
階段や手すりの隙間に網を付けるなどして、対策をしている方もおられます。素材を選べば落下対策の網もオシャレアイテムになりますよ。

スチール階段がオシャレな家なら、リガードの注文住宅

スチール階段を木造住宅で施工する場合、構造計算が複雑になるために良い顔をしない施工会社もおりますが、リガードでは木造住宅において、木製階段も鉄骨階段も施工を承っております。
鉄骨階段を取り入れたスタイリッシュなデザインの家づくりは、建築家が得意とする分野です。
リガードでは、「建築家と建てる家」をご提供しております。スタイリッシュな家づくりなら、是非一度ご相談ください。

・お問い合わせ

関連する記事を見る