REGARD

『シンプルモダン』家の外観をおしゃれにするには

家の外観をおしゃれに

家の外観はその家の顔と言えます。日頃、近所の人を始め、通行人に毎日みられる面であるとともに、お施主様ご自身が帰宅した際に、まず最初に出迎えてくれるのが家の外観です。

つまり、家の外観は最もこだわりたいところであり、それと同時に決めるとなると非常に悩む部分でもあります。

都心での家づくりは、狭小地での施工になるケースが多いです。そのため、ファザードが縦長になってしまうなどで、従来のような外観の設計が通用しないケースが多々あります。
このような厳しい条件下でも、オシャレな外観にこだわる方の中で、土地の狭さを逆手にとって「シンプルモダン」というタイプの外観デザインを選択する人が増えています。

・「シンプルモダン」住宅の事例はコチラ

シンプルモダンとは、具体的にどのような外観になるのでしょうか、詳しくみていきましょう。

シンプルモダンという外観デザイン

シンプルモダンな外観を持つ家には、以下のような特徴があります。

基本的な形は四角形

無駄なラインをなくすため、シンプルモダンの家は箱型の家が多いです。スッキリとした見た目のために、軒や庇が全くなかったり、あるいはすごく短かったりします。

シンプルな色を基調としている

色は白や黒、茶色などのシンプルな色を基調としています。
また、単色ではなく、コントラストの強い色を組み合わせたり、異素材を組み合わせたりして見た目にメリハリをつけている建物が多いです。

また、上記のような外観とは別の意外なメリットとして、シンプルな外観のため余計なコストを抑えられる場合があります。
そのため、建築費が高くなりがちな鉄筋コンクリート造の家も、コストを抑えて建てることができます。
さらに、シンプルモダンの家でよく取り入れられている片流れ屋根は、南向きの傾斜を選択すれば、太陽光発電と非常に相性がよくなります。省エネルギー住宅、ZEH、HEMSなどに興味がある方には向いていると言えるでしょう。

シンプルモダンを検討されている方への注意点

シンプルモダンは、無駄を省いたデザインのため、従来の家ではあまり感じなかったデメリットが生じる場合があります。

シンプルモダンの家では、軒が全くなかったり、短かったりするので、日光や雨が窓に直接当たってしまいます。
冬場は家の中まで日差しが入り込みやすいというメリットもありますが、夏場は暑くなりやすいです。また、雨が吹き込んでしまうので、雨の日に窓を開けることはできません。梅雨の時期は湿気対策が必要になります。

また、シンプルモダンの家では、施工がしっかりとしていないと水漏れが発生してしまうリスクがあります。壁に直接雨が当たるため、わずかな隙間があるとそこから水漏れが発生してしまうのです。
シンプルモダンの家を建てたいとお考えの場合は、施工技術のしっかりした施工業者を選ぶようにしましょう。

オシャレな外観なら注文住宅

注文住宅では、シンプルモダンをはじめ、お施主様のご希望に沿った外観の家づくりをすることが可能です。
リガードでも、様々な外観の施工実績があります。

・事例紹介

リガードでは、建築家と建てる家を、工務店の信頼の技術でご提供しておりますので、デザイン性も性能も高い家づくりが可能です。

・お問い合わせ

関連する記事を見る