REGARD

うまくいく二世帯住宅、うまくいかない二世帯住宅には何の違いがあるのか?

うまくいく二世帯住宅と、うまくいかない二世帯住宅があることをご存知でしたか。うまくいくかどうかの違いには、どうやら家族の仲の良さだけでなく、住宅の間取りや設計も大きく関係しているようです。ここでは、うまくいく二世帯住宅とうまくいかない二世帯住宅には何の違いがあるのか、分かりやすく解説したいと思います。

親世帯と孫の関係を想像できるかどうかがポイント

これまでの二世帯住宅では、若い夫婦が親世帯と距離を置いて生活する間取りとなっており、親世帯と子供部屋が離れている傾向にありました。そのため、親世帯が孫の様子を見たり、一緒に過ごしたりするのが難しい状態でした。しかし最近では女性の社会進出により、出産後も共働きをする夫婦が増えており、日中は親世帯が孫と一緒に過ごす時間が多くなってきています。そのため、二世帯住宅でうまくいくかどうかは、孫と親世帯が過ごしやすい間取りが関係してきているのです。

親世代と孫が同居しやすい間取りの二世帯住宅

最近では、親世帯が孫と一緒に過ごしやすい二世帯住宅が求められるようになっています。そこで重要になるのは子供部屋の位置です。親世帯の近くに子供部屋を作ることで、親世帯が孫と触れ合いやすくなり、一緒に過ごしやすくなるのです。ちょっとした間取りの配慮ですが、これだけで孫の成長の助けになったり、親世帯に生きがいができて笑顔が増えたりするなど、家族関係にとって良い影響が見られます。親世帯と孫の関係が良くなると、二世帯住宅の家族関係が自然とうまくいくのです。

うまくいく二世帯住宅のことなら専門家に相談しよう

二世帯住宅でうまくいくために、親世帯と孫が気持よく同居でき、お互いに行き来しやすい家の間取りを工夫してみましょう。親世帯と生活を完全に分けてしまうのではなく、いかに上手に同居できるかが重要なポイントになってくるのです。二世帯住宅でうまくいく間取りを検討されている方は、住まいの専門家に相談してみることができます。リガードでは、お客様の家族関係を考慮し、親身になって相談に乗ってくれますよ。

まとめ

親世帯と孫の生活スタイルを見直すことで、うまくいく二世帯住宅を設計することができます。親世帯と孫が心地よく同居できる間取りを工夫することで、家族みんなが笑顔になれるような二世帯住宅を作ってみましょう。

CATEGORY

二世帯住宅,

関連する記事を見る