REGARD

孫を二世帯住宅でともに育てる「孫共育」という発想って知ってた?

孫を二世帯住宅で、親世帯と協力して育てる「孫共育」という発想について、聞いたことがありますでしょうか。この「孫共育」や同居スタイルの変化に伴い、二世帯住宅のあり方や理想的な間取りも変化してきているのです。ここでは、「孫共育」という発想の背景が住宅の間取りに与える影響について、分かりやすく解説したいと思います。

二世帯住宅の「孫共育」ってどんな発想なの?

「孫共育」とは、親世帯が若い夫婦と協力して、孫を共に育てる発想のことです。この「孫共育」という発想の背景には女性の社会進出があり、出産後も共働きをするため日中に育児ができないという現状があります。それと同時に、保育園が不足して子供を預けられないという社会問題も関係しており、親世帯の協力が必要とされているのです。「孫共育」が必要とされるに伴い、同居のあり方や二世帯住宅の間取りにも変化が求められているのです。

「孫共育」で孫の成長や親世帯に与える良い影響

「孫共育」によって、幼稚園や学校から帰宅した孫は、親世帯の玄関から家に入り、そこで宿題や勉強をするようになります。そのため、親世帯と子供部屋の位置が近い二世帯住宅の間取りが必要となっています。親世帯と日常生活を共にする結果、高齢者に親切に接したり、きちんと挨拶ができるなど、協調性のある子供に成長するという良い影響が見られています。同時に、親世帯にも生活の張り合いが出て、笑顔が多くなるという傾向も見られています。

二世帯住宅や「孫共育」のことなら専門家に相談してみよう

「孫共育」のしやすい二世帯住宅について考えると、子供部屋と親世帯の位置関係が大切であることが分かります。従来の二世帯住宅では、親世帯と子供部屋は離れた場所にありましたが、親世帯が子供部屋を見に行きやすい間取りにすることで「孫共育」がしやすくなるのです。「孫教育」や二世帯住宅について、住まいの専門家に相談してみることができます。リガードでは、「孫共育」や二世帯住宅について、お客様の家庭環境に合わせたアドバイスを受けることができます。

まとめ

「孫共育」という発想により、二世帯住宅の間取りや同居のあり方に変化が求められています。孫が親世帯と同居しやすい間取りを設計することで、孫の成長や親世帯の生きがいにも良い影響を与えることができるでしょう。

CATEGORY

二世帯住宅,

関連する記事を見る