REGARD

二世帯住宅を支持する人が多い理由 金銭面がこんなにも変わる!

二世帯住宅を支持する人が多いのはなぜ?

最近では、都市型のマイホーム需要の中で、二世帯住宅を支持する人が多くなっています。その背景には、平均寿命の伸びや出生率の低下により、少子高齢化が急速に進んでいることなどがあります。また、経済的な不安定さや親世代の老後の心配、消費税や相続税などの要素も、二世帯住宅が選ばれる理由にあります。では、二世帯同居にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、二世帯住宅を支持する人が多い理由について、分かりやすく解説したいと思います。

二世帯住宅にはメリットがある

二世帯住宅は、根本的に家づくりにかかる費用が安く、親世帯にも子世帯にも経済的なメリットがあります。例えば、親世帯が所有している敷地に、子世帯がローンを組んで家を建てることで、より多くの予算を建物に充てることができ、丈夫な住まいを建てることができます。二世帯一緒に暮らすことで、消費エネルギーを減らすことができるため、電気代の節約につながります。なんといっても一番のメリットは相続税で、土地という高額な資産を相続する際には、相続対策として大きな効果が得られます。

二世帯住宅のことなら専門家に相談しよう

このように二世帯住宅には、親世代と子世代が一緒に暮らしたり、経済的な面で安くなるなど多くのメリットがあります。二世帯住宅を建てることで、どれほど金銭面に影響を与えるかを計算して、自分たちに合った同居スタイルや間取りについてしっかりと考えましょう。二世帯住宅には専門的な知識も必要ですから、住宅の専門家に相談してみると良いでしょう。二世帯住宅の家のことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

二世帯住宅は、家づくりにかかる費用が安く、親世帯にも子世帯にも経済的なメリットがあります。二世帯同居のメリットを生かして、心地よく快適に暮らせる家づくりを実現しましょう。

関連記事

孫を二世帯住宅でともに育てる「孫共育」という発想って知ってた?

CATEGORY

二世帯住宅,

関連する記事を見る