REGARD

住宅を建てるときにやっぱり気になる「耐震性」。何に気をつければいいの?

地震大国である日本においては、住宅を建てる際の耐震性が気にかかることでしょう。夢のマイホームが地震で住めなくなっては大変ですし、今後いつ大地震がくるかは分かりません。ここでは、住宅を建てる時に気になる耐震性に関して、気を付けるべきポイントを解説したいと思います。

住宅を建てる時には「地盤」の耐震性を確認しよう

住宅自体が耐震構造の家であったとしても、住宅を建てる地盤に問題があれば、地震に耐えることができません。住宅を建てる時には、地盤の耐震性に問題がないかを調べてみましょう。地震や洪水がおきやすい地域ではないか、土砂災害や液状化現象などが起こる可能性がないかどうかをチェックします。比較的新しい造成地で盛土である場合や、盛土と切土が混在している場合には、注意が必要となります。また、川や池の近くであったり、敷地の周囲にひび割れや傾きがあったりするときにも注意が必要です。

気になる「建物」の耐震性に気を付けよう

家の耐震性をチェックするためには、家の傾きや形状などを確認する必要があります。住宅が傾いていると耐震性が弱くなりますから、ビー玉を置くなどして傾斜を確かめておきましょう。玄関やドア、窓などの立てつけが悪かったり、屋根が瓦などの重い材質でできていたりする家にも注意が必要です。住宅の2階部分が1階よりも大きく出ている構造や、室内に大きな吹き抜けがあったり、柱や壁が少ない構造の家も十分に確認しておく必要があります。

住宅の耐震性で不安に感じたら専門家に相談してみよう

今後いつ大地震が起こるかは誰にも予想できませんし、せっかく購入した住宅が地震で住めなくなってしまっては大変です。住宅を建てる時には、地盤や建物の耐震性に関して、しっかりと確認するようにしましょう。とはいえ、住宅の耐震性について調べるのは、決して容易なことではありません。地盤や住宅の耐震性で不安を感じたら、住宅のプロに相談してみると良いでしょう。リガードなら、住宅の耐震性に関して、専門的な知識を教えてくれます。

まとめ

日本は地震大国ですから、住宅を建てる際には、しっかりと耐震性を確認しておく必要があります。地盤や建物の耐震性を確認するためのチェックリストがありますから、専門家に相談しながら、自分でも確認するようにしましょう。

CATEGORY

住宅の耐震性,