REGARD

同じ震度でも家屋被害の度合が違うのはなぜ?専門家が使う地震のものさしとは

震度は地震の万能の尺度ではない

同じ「震度6弱」の地震でも、被害の度合がまったく異なることがあり、震度が万能の尺度ではないってご存知でしたか。

安心して暮らせる家を建てるためにも、同じ震度でも家屋被害の度合いに違いが出るのはなぜか、震度の他にどんな尺度があるのかを、しっかりと理解しておく必要があります。

ここでは、専門家が使う地震の物差しについて、分かりやすく解説したいと思います。

地震被害に関係している尺度

マグニチュード

よく知られるマグニチュードは地震そのものの大きさ、震度はある地点における揺れの大きさを表しています。

マグニチュードが小さくても、震源から距離が近いと震度は大きくなりますし、マグニチュードが大きくても、震源から遠いと震度は小さくなります。

マグニチュードが1大きくなることは、地震のエネルギーが32倍になることを意味します。

ガル(加速度)

同じ震度であっても、ガル(加速度)によって地震被害の度合いは異なってきます。

ガル(加速度)は、質量を掛けることで地震にかかる力を表わすことができ、高校物理などでもおなじみの物理量となっています。

建物の固有周期

建物依存の弱点として、建物や橋などには固有周期と呼ばれる揺れのリズムがあります。

固有周期の値に偶然一致する地震は振動を増幅してしまうため、大きな危険があります。

タコマナローズ橋の倒壊などの大事故の事例があります。

その他の観点

さらに、地震被害の度合いには、加速度や固有周期だけでなく、継続時間や地盤地形なども影響しています。

耐震技術のことなら専門家に相談してみよう

耐震技術は、これらの尺度に基づいて、建築業界や研究者の様々な努力によって支えられています。

耐震技術に関しては専門的な知識が必要ですから、住宅の専門家に相談してみるとよいでしょう。

耐震技術のことならセミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

地震被害の度合いは震度だけでなく、加速度や固有周期などが関係しています。

最新の耐震技術を取り入れて、安心して暮らせる住まいを実現しましょう。

CATEGORY

住宅の耐震性,