REGARD

地震保険の保険料ってどうやって決まってるの? きちんと理解して最適な選択を!

地震保険の保険料が高いと感じたことはありませんか。そもそも地震保険の保険料って、どうやって決まっているのでしょうか。地震保険の仕組みをきちんと理解することで、最適な選択ができるようになります。ここでは、地震保険と保険料率、地震保険料について分かりやすく解説したいと思います。

地震保険の比較はする必要がなく、どの会社でも同じ

最近では地震保険に加入する方が増加傾向にありますが、保険料の負担が大きいと感じている方は多いようです。地震保険制度の仕組みには国が関与しているため、損害保険会社ごとに地震保険料が異なることはありません。つまり、どの保険会社で加入しても同じなので、保険料は比較する必要がないのです。地震保険を含めほとんどの保険料率は、事故が発生したときに保険会社が支払う純保険料率と、保険事業を営むための付加保険料率で構成されています。

地震保険の保険料率と保険料はどう決まる?

地震保険の保険料率や保険料は、地震保険の対象となる建物の所在地がどこにあるか、どの構造できているかによって決まっています。つまり、マイホームを購入した段階で、地震保険の保険料率や保険料も決まっていることになるのです。所在地の区分は「等地」で分けられており、1等地から3等地までの3区分となっています。1等地は保険料が安くなり、3等地は保険料が高くなります。2等地はその中間です。地震保険に関わる構造は、イ構造(コンクリート造や鉄骨造)と、ロ構造(木造)で区分されています。
 

地震保険のことなら住まいの専門家に相談してみよう

地震保険の保険料率や保険料は、国によって定められた所在地や構造により決められているため、どの保険会社も同じで比較する必要はありません。保険会社による保険金の支払いは、過去における保険データを基にして、様々な専門的手法を使って支払いがなされています。マイホームを購入する際には地震保険のことも考える必要があるため、住宅の専門家に相談してみると良いでしょう。地震保険のことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

地震保険の仕組みについてきちんと理解することで、マイホーム選びや保険選びで適切な選択ができるようになります。将来の災害のことも考えながら、安心して暮らせるマイホームづくりを実現しましょう。

CATEGORY

地震保険,

関連する記事を見る