REGARD

耐震テープで木造住宅の耐震性は上げられるってホント?

もしもの震災でも安心できる家

首都圏直下型の地震は、近い将来高い確率で起こると言われています。
もしもの時に家族を守ることができるのは、大きな地震の際にも倒壊しない家ではないでしょうか?

地震に対する備えについては、過去記事でも何度か紹介してきました。

住宅を建てるときにやっぱり気になる「耐震性」。何に気をつければいいの?

大震災への事前対策って可能なの?耐震等級が定める3つの項目とは

東京の地盤は強い?弱い? 土地選びの参考になる地盤の種類と分布

耐震性能の高い家は、いざという時の備えになるだけでなく、地震保険の加入の際にも保険料が安くなる場合もあるようです。

耐震等級3だと地震保険料が半額に?知らないと損する耐震基準のアレコレ

もしもの際の備えとして、耐震性能の高い家というのは、大きな安心感にも繋がって来るかと思います。

では、どのようにして耐震性能を上げるかというと、木造住宅の場合、主にダンパー、制震テープという方法があげられます。

ダンパーについてはこちら

耐震等級3の評価方法基準は二つ 構造計算する場合の費用の内訳は?

で紹介しておりますので、今回の記事では制震テープについてご紹介します。

制震とは?

建物の地震対策には、「耐震」、「制震」、「免震」があります。

耐震とは、建物自体の構造を強くすることで地震の大きな揺れでも建物が倒壊を防ぐものです。
建物自体の倒壊を防ぐことはできますが、地震の揺れはそのまま伝わるため、建物内の大きな家具などが倒れてしまう可能性があります。

一方、「制震」では建物内部に制震部材を組み込んで、地震のエネルギーを建物自体が吸収する仕組みになっています。「耐震」よりも建物の中に伝わる揺れは少なく、大きな家具が倒れるリスクは少なくなります。

「免震」は免震装置を建物の下に設置し、地震の揺れを建物に伝えない方法です。「免震」が一番建物に伝わる揺れは少なくなりますが、免震装置を設置できる条件が厳しかったり、導入コストも高額になりがちです。

「制震」は「免震」に比べて導入コストを抑えることができ、地盤の条件等もないので導入しやすい対策だと言えます。

「制震テープ」でできる制震の家

アイディールブレーン株式会社の木造住宅用制震ダンパー「制震テープ」は、両面テープ状になっていてそのテープの粘弾性が地震の揺れのエネルギーを熱エネルギーに変換し、家に伝わる揺れを軽減させる働きがあります。

紫外線劣化・酸化劣化・熱劣化の基準をクリアし、110年後でも十分な制震性能を発揮できるので、次世代まで安心して住まう家を実現できます。

家族の命を守る木造住宅ならリガードへ

大地震の際、家にいる家族を守るのは家そのものです。

リガードでは木造住宅でも構造計算をすることで、耐震性をしっかりと数値で表すことが可能です。
数値が証明できる、耐震性の高い安心して住める木造住宅なら、ぜひリガードにご相談ください。

CATEGORY

耐震等級,

関連する記事を見る