REGARD

エアプランツの魅力を最大限に引き出す飾り方

エアプランツのあるインテリア 実践編

前回までの記事では、エアプランツについて、そしてエアプランツの育て方について紹介してきました。

・「エアプランツ」旬の植物インテリアのこと
・自宅で簡単にできる「エアプランツ」の育て方

エアプランツは土がなくても育つ不思議な植物です。週に数回のミスティング、乾燥した時のソーキングを行えば成長してくれるため(注:種類による)、植物を育てたことがない方でも手軽に育て始めることができる植物です。

また、土が不要なので様々な飾り方が可能。都市部の狭小地で部屋に植物を飾るスペースがない、とお考えの方でも、エアプランツなら場所を取らずに室内に植物のグリーンを添えることができるかもしれません。

今回は、今までの実践編として、エアプランツの個性を引き出す飾り方のアイディアをご紹介します。

エアプランツの魅力的な飾り方

土がなくても育つエアプランツは、工夫次第でより魅力を引き出すことが可能です。
また、通常の土から生える植物では真似できないような飾り方もできます。

吊るす

紐で吊るしたり、カゴに入れて吊るしたり、ドリームキャッチャーに引っ掛けて吊るしたり…
土がいらないエアプランツならではの飾り方ですよね。

他の素材と組み合わせる

麻紐や木などの自然素材でも、ガラスや金属などの人工物でも合わせられるのもエアプランツの魅力です。
流木や貝殻と合わせて個性的な演出を楽しんでいる方も。

ビーカーやフラスコなどの実験道具と合わせても面白いですね。男前インテリアにも合います。

どんな素材とでも合わせられる不思議なエアプランツ、ぜひお好みの組み合わせを見つけてみてください。

壁にかける

壁にかけることで、狭い空間でも有効に植物を飾ることができます。
ワイヤーネットに絡めて飾ったり、壁の飾り棚に並べてみたり、リースのように仕立てて壁にかけても素敵ですよ。
お部屋の雰囲気に合わせて取り入れてみると良いでしょう。

エアプランツの映える家なら

エアプランツには様々な魅力的な飾り方があります。
しかし、飾り方の種類も豊富で、なかなか自分では難しいのでは・・となかなか実現まで至らないという方もいるでしょう。

リガードの注文住宅は、建築家と建てるセミオーダー住宅です。
インテリアをトータルに設計することができますので、「エアプランツを取り入れたリビング」のようなご要望にもお応えすることができます。
プロに相談できれば、より満足の行くコーディネートが完成するでしょう。

インテリアまでトータルに考える家づくりならリガードにご相談ください。

・REGARD BRAND CONCEPT
・アトリエ建築家と建てるオンリーワンの家づくり
・アトリエ建築家(一覧)
・お問い合わせ

CATEGORY

観葉植物,

関連する記事を見る