REGARD

家づくりから考える観葉植物 高気密住宅におけるメリットって?

心の憩い!大人気の観葉植物

家づくりの際には、床材、壁材、建具をどうするかというハード面のインテリアをメインに考えがちです。

しかし、テーブルやカーテン、カーペットといった、ソフト面をどうするか、一緒に考えることが大切です。部位別のインテリアとして観葉植物を飾ると、おしゃれで癒される雰囲気になります。

とはいえ、観葉植物にはさまざまな種類があって、どれを選んだらいいのか迷ってしまうことありますよね。

今回は、室内向けの観葉植物を選ぶ時のポイントについて、ご紹介したいと思います。

高気密住宅における観葉植物のメリット

高気密住宅に観葉植物を置く事には、さまざまなメリットがあります。リビングやオフィスのインテリアにマッチして、上品でほっとした空間を作るリラックス効果があります。観葉植物のサンスベリアには、マイナスイオン効果と空気清浄作用があり、ホルムアルデヒドなど有害物質の濃度を低下させて、空気をきれいにする働きがあります。生花より断然手入れが楽なので、庭が狭くなりがちな都心では貴重な癒しになりますね。パキラは大きな丸い葉と太い幹が特徴で、金運や仕事運、勉強運をアップする、風水効果抜群な観葉植物として人気があります。

観葉植物のことならプロに相談しよう

観葉植物は丈夫で育てやすく、見た目にも可愛らしいので、お部屋のインテリアにぴったりですね。観葉植物を視線に近い位置に飾ったり、器の色を合わせるだけでも、お洒落に飾ることができます。小さくて可愛い観葉植物など、いろいろな種類があるので、観葉植物一覧や観葉植物の種類を調べてみると良いでしょう。観葉植物を育てながらセミオーダー住宅のリガードでは、観葉植物の種類や配置まで家づくりの段階で設計し、オールインワンの住宅施工を提供します。リガードと一緒に、華やぐ家づくりを楽しみましょう。

まとめ

人気の観葉植物をセンス良く飾ることで、インテリアやリラックス効果を楽しむことができます。観葉植物を上手に取り入れて、快適な住まいづくりを実現しましょう。

CATEGORY

観葉植物,

関連する記事を見る