REGARD

火災保険の適用範囲は広い!放火・失火はもちろん、自然災害も補償対象にできます

火災保険の適用範囲は広く、放火や失火はもちろん、自然災害も補償の対象にできるってご存知でしたか。火災保険に加入する際には、どの範囲まで補償してもらえるのか、しっかりと確認しておく必要があります。ここでは、火災保険の対象にする事のできる災害をすべて、分かりやすく解説したいと思います。

火災保険で補償される範囲を確認しよう

火災保険の補償範囲には、放火や失火などの火災はもちろんのこと、自然災害によるリスクも広く含まれています。火災保険で補償される範囲は大きく分けて、火災リスク・自然災害リスク・日常生活リスクの3つに区分されています。ほとんどの火災保険では基本補償内容がセットされているため、ほとんどの人が補償を受けられる状態になっています。とはいえ、補償範囲を把握していないと、保険料の請求を忘れてしまうため、加入する際にはしっかりと確認しておきましょう。

火災保険の補償対象となる災害

火災保険の補償対象となる火災リスクには、失火や放火・もらい火などの火災はもちろん、落雷・破裂・爆発などによる被害も含まれています。自然災害リスクには、風災・雹(ひょう)災・雪災・水災による建物や家財の損害があり、火災保険の補償の対象となっています。日常生活リスクには、給排水設備の故障などによる水濡れ、物体の落下・飛来・衝突による損害、暴力・氾濫・騒擾や盗難による破損・汚損が適用範囲に含まれています。

火災保険のことなら住まいの専門家に相談してみよう

火災保険の補償範囲に関しては、どの自然災害やリスクが対象となるかを把握するのが難しく、積雪や台風など受けられる補償も忘れてしまいがちです。そのため、火災保険の補償をきちんと把握しておいて、事故が起きた時には請求漏れのないように注意するようにしましょう。火災保険で補償される範囲は広く専門的な知識も必要ですから、住まいの専門家に相談してみるのも一つの手でしょう。

まとめ

火災保険の適用範囲には、自然災害による損害も広く含まれています。火災保険で補償される範囲をしっかりと把握して、安心して暮らせるマイホームづくりを心がけましょう。

関連する記事を見る