REGARD

雨漏りは家からの「サイン」 今すぐ修理をした方が良い理由

雨漏りから始まる「家の老朽化」

台風による豪雨は、家をあちこちを傷めるケースがあります。
台風の強風や豪雨によって屋根や外壁にダメージを受けると、雨漏れが発生します。

雨漏れは雨が降る度に床にバケツを置いたりタオルを敷いたりと大変なイメージがありますが、それだけでなく放っておくと湿気によりシロアリが発生したり、カビが生えたりして家の耐久性が落ちたり、そこに住む家族の健康を脅かしてしまう可能性があります。

つまり、雨漏りを発見したらできるだけ早く修理する事が家や家族にとって大切な事なのです。

家のためにも早く修理はしたい、けどいくらかかるの?

雨漏りの修理にかかる費用の相場は、大体の5〜30万前後です。
屋根の修理なので、足場を組むことになると自ずと値段は高めになります。
雨どいの修理の場合は大体3000円〜10万円程度になります。

屋根の大棟をカバーする鉄板、「棟板金」の修理となると、3〜10万円程度となります。
雨漏りの場合、ここから水が入ってくる場合が多いので覚えておくと良いでしょう。

こうして見ると、雨漏れの修理が一番高く、やらなきゃいけないと思っていてもなかなかすぐに決断できる金額でもないですよね。
修理が必要なことはわかっているけれど、見積額も高くて・・・

とすぐに決断するにはちょっと迷ってしまいそうな金額の修理になりますが、雨漏れの修理で工事費用が20万円を超える場合、火災保険が適用されるケースがあります。
詳しくはこちらをご覧ください。

火災保険の適用される範囲は多肢に渡りますので、賢く利用して家をより長く使用していきたいですよね。

工務店が教える、雨漏り修理の施工業者を選ぶためのチェックポイント

雨漏りは長く放置してしまうと家の内側に水分が入り込み、家の寿命を縮めてしまうので早急な対処が必要です。
しかし、早く直さなきゃという思いから焦って契約してしまい、雨漏りが治らないまま多額の費用がかかることも・・・

そのようなことにならないように、優良業者を見分けるチェックポイントを伝授いたします。

優良業者の見分け方のチェックポイント

・調査をしてから見積もりを出す
・顧客の話をしっかり聞く、その上で顧客に合ったプランを提案し、迅速な対応をしてくれる(一方的なプレゼンをしてこない)
・雨漏り診断士などの資格を持っている
・保証期間が長い

などが挙げられます。
逆にいうと、ここに当てはまらない業者は注意をした方が良いでしょう。

##西東京エリアのリフォームなら、国分寺のリガードへ

家に長く住んでいると、家への愛着も大きいものがありますよね。
できればこまめに修理をして、できるだけ長く愛着のある家に住んでいたいと思うのは当然のことかもしれません。
しかし、家にも寿命があります。
屋根の修理をしてみたら、実は外壁や塗装も傷んでいて大規模なリフォームが必要なんてこともあるかもしれません。

大規模なリフォームか、建て替えか・・・
大きな選択ですから、なかなか決めきれるものではありませんよね。
そんな時はぜひリガードにご相談ください。

家づくりのプロとして、地域密着型の工務店がお施主様のお話をお伺いします。

・REGARD BRAND CONCEPT
・アトリエ建築家と建てるオンリーワンの家づくり
・アトリエ建築家(一覧)
・お問い合わせ

CATEGORY

水害と保険,

関連する記事を見る