REGARD

042-320-4422
雨の日の窓際

梅雨の時期は家にいる時間が長くなる

梅雨の時期の外出はどうしても億劫になりがちで、休みの日でも家で過ごすことが多くなりますよね。
日照時間も少なくなる為、気分も憂鬱になりやすかったり、体力的にも精神的にも疲れやすくなる季節でもあります。

外出もできない、体調も崩しやすいとなんとなくあまり良いイメージが湧きにくい梅雨の時期を乗り越えるには、家の中で少しでも楽しく過ごす工夫が必要になると思います。

家づくりの際に雨対策として気をつけるべきポイントは、下記の記事で詳しく紹介しています。

・「雨音がうるさい」時に疑ってほしい原因のまとめ

今回は、雨の日の室内で快適に時間を使えるようなアイデアをご紹介していきます。

梅雨時期を室内で快適に過ごすアイデア

インテリアを変えてみる

インテリアを変えたいと思っても、なかなか普段取り掛かるのは難しいですよね。
しかし、家にいる時間が長い梅雨の間なら部屋の模様替えなどをする時間も取りやすいかもしれません。
また、インテリアを変えると気分も一新します。梅雨の憂鬱な気分を吹き飛ばすのにも一役買ってくれるかもしれません。

普段忙しくてできないことにチャレンジしてみる

インテリアが変わって部屋の雰囲気が変わると、普段できないことにチャレンジしてみたくなりませんか?
普段仕事や買い物などでなかなか時間が取れなくてできないお菓子作りにチャレンジしてみたり、いつもよりも凝った料理を作ってみたり、お子様がいらっしゃる場合はゆっくり時間が取れるのでお子様と一緒に料理をするというのも良いかもしれませんね。

趣味に没頭したり、新しい趣味を始めてみたりする

家の中で過ごす時間が長くなるので、家の中でできる趣味に没頭したり、始めてみたりするのも良いでしょう。
読書や手芸、映画鑑賞・・・
家の中でも楽しめる趣味は意外とたくさんあるものです。

また、これを機に新しい資格取得などの勉強を始めてみるのも良いかもしれませんね。

梅雨こそ住まいの空間設計の大切さがわかる時期

家で過ごす時間が長くなる梅雨の時期は、住まいの快適さが生活の満足度に直結します。
長雨でどうしても気分も憂鬱になりがちな中、家にこもりがちなのに家に不満が多いと余計にストレスが溜まってしまいますよね。
しかし、快適な住まいならどうでしょうか?

家にこもりがちになっていても、快適な住空間であればそこまでストレスは感じないかもしれません。

梅雨の時期の室内の快適さは、インテリアも重要ですが、室内の湿気対策や換気、外壁や屋根の素材など、住宅設備も大きく関わってきます。家で過ごす時間が増える時期だからこそ、家造りについて考えてみても良いかもしれません。

参考記事

・ガルバリウム屋根は軽量・安価・長持ち。デメリットを押さえてベストな選択を

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD