REGARD

042-320-4422
雨音がうるさいと悩む女性

室内で感じられる雨の雰囲気は良いけれど…

雨の季節はどうしても室内にいる時間が増えてくるものですが、雨の雰囲気は室内にいても色々な形で伝わってくると感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

雨の日特有の匂い、雨の日特有の湿度の高い感じ、なんとなく空気が重い感じ等、感じ方は人それぞれ、感性によるものが大きいですが、雨音に関しては感性ではなく「家の造り」に影響されている部分が大きいかもしれません。

家の造りや建材の材質によって室内での雨音が響きやすさが変わってくるため、新居に入居した途端に雨音がうるさく感じられるというケースもあるのです。

適度な雨音は好きな方もいらっしゃいますが、睡眠を妨げたり、家の中の会話が聞こえなかったりするほどの雨音には困ってしまいますよね。

今回は雨音が大きく聞こえる原因について詳しく見ていきたいと思います。

「雨音がうるさい」と感じられる原因の分類

屋根にぶつかる雨音

雨が屋根にぶつかる音の響き方は、屋根の材質によって変わってきます。
例えば、メンテナンス性やデザイン性の面から最近人気のあるガルバリウム屋根の場合、主な材質は金属ですので雨音は響きやすいと言われています。
防音加工の施されている製品を選ぶと安心です。

窓枠(サッシ)にぶつかる雨音

窓枠に雨粒が当たっても室内に響くような雨音を感じることがあります。
最近は軒が短かったり、全くなかったりするデザインの家が流行っているため、窓枠に雨が当たりやすい家が増えてきていると言えます。
しかし、だからと言って軒の短い「箱の家」を選択肢から外さなければいけないというわけではなく、そのようなリスクを踏まえた上で設計をすることが大切です。

・事例紹介

シャッターにぶつかる雨音

シャッターを閉めると雨音も防げそうなイメージですが、シャッターに雨がぶつかる音も室内に響く場合があるのです。シャッター自体には防音効果があるのですが、雨の日はシャッターボックスに雨粒が当たり、その音が帰って室内に響いてしまうという場合があるので注意が必要です。

梅雨から考える快適な家づくり

雨音対策一つをとっても様々なことを考慮する必要があります。
住んでからこうすればよかった・・はなかなか変えられない家造り、設計の段階から様々な視点で快適性を追求していくことが必要になります。

そうはいっても、どのような点を考えていけば良いのか考えるのは難しいですよね、リガードではお施主様がご納得いくまでヒアリングをしております。プロならではの目線でお答えしておりますので、妥協のない家づくりをお考えの方はぜひご相談ください。

・REGARD BRAND CONCEPT
・アトリエ建築家と建てるオンリーワンの家づくり
・アトリエ建築家(一覧)
・お問い合わせ

無料セミナーのご案内

第46回 ~知らなきゃ損する~ 後悔しないための賢い家づくり勉強会(9月8日(土) 14:00~17:00 国分寺市)を実施予定です。家作りについてもっとしっかり知りたい方、ぜひご参加ください!
アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD