REGARD

ティファニーブルーやターコイズで作る「ブルーインテリア」のすすめ

これからの時期にぴったりな「ブルーインテリア」

「ブルー」というカラーは爽やかで涼しげな印象を与えるので、夏にかけてのインテリアにぴったりのカラーです。
ブルーをうまくインテリアに取り入れることで、部屋を広く見せる効果があります。
また、集中力を高める色とも言われており、仕事や勉強をするスペースにもピッタリなんです。

一口にブルーといっても、様々な種類の「ブルー」があります。
それぞれの色によって、特性や気分との相乗効果などが変わってきますので、今回は夏にぴったりな「青色の種類」についてご紹介していきます。

同じ「ブルー」でも様々な種類が!気分によって使い分けよう!

(色見本)

色見本を見てみると、「青色」といっても様々な青があることがわかりますよね。
その中からインテリアに映える青色をピックアップしてご紹介します。

ティファニーブルー

ティファニーブルーといえば、有名ブランドのトレードカラーということもあり、特に女性は気分の上がるという人も多いでしょう。
インパクトのあるカラーなので、インテリアに取り入れる時には小物使いがオススメです。
ティファニーの食器を実際に取り入れるのも素敵ですよね。

ターコイズブルー

ターコイズブルーは、トルコ石の色を指していて、緑味を帯びた青色です。ティファニーブルーよりももう少しトーンは抑えめで落ち着いた印象です。ターコイズでもグリーンが強い場合はターコイズグリーンと呼ばれます。
ターコイズブルーの元となるカラーのトルコ石は、地中海地方が原産です。そのため、このカラーは青い海のような開放的な気分をもたらします。

インディゴブルー

インディゴは日本語で「藍色」。古くから藍染めの文化がある日本では、馴染みの深いカラーですよね。
青よりも深みのあるインディゴは、宇宙や深海といった未知の世界を連想させる色と言われています。
そんなインディゴに惹かれる気分の時は、孤独感であったり現実逃避をしたかったりする場合が多いようです。
また、知性を感じる色とも言われています。
インディゴの色のように、カラーの意味も非常に奥が深いものになっていますね。

コンセプトのある新築インテリアを作るなら

新築時にインテリアをどうするかは、皆様悩まれるところです。
こうしたい、ああしたいという思いはあっても、それを形にすることはなかなか難しい部分でもありますよね。
リガードでは、インテリアのプロである「インテリアコーディネーター」が相談に乗ります。

テーマカラーをこうしたい、こんなテイストにしたいといったご要望にお答えします。

関連する記事を見る