優しい温かみをもたらす「暖炉・薪ストーブ」

薪ストーブや暖炉って何だかとても温かみがあって癒されませんか?
北欧では薪が燃えている映像を延々と流すテレビ番組があったほど、薪が燃えているのを眺めているのは癒し効果があるようです。
人類が発展したのは火を使えるようになったからと言われていますから、人類には火を見ると安心感を得るものなのかもしれませんね。

しかし、暖炉を住宅に導入するとなると、少し古い家であったり、別荘地であったりしないと…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。実際はそんなこともなく、最近の新しい家でもモダンな家に合わせて、スタイリッシュに暖炉を導入している方もいらっしゃいます。

「暖炉」と「薪ストーブ」の違いは?

火を使った暖の取り方で、一般的に住宅で取り入れられているものは「暖炉」と「薪ストーブ」です。
暖炉と薪ストーブは一見「同じものを指しているのでは?」と思われがちですが、実は別のものなんです。

端的に言うと、壁に埋め込まれているのが「暖炉」、独立しているのが「薪ストーブ」になります。

「暖炉・薪ストーブ」の設置メリット

技術の発展がめざましい現在、古典的な暖をとる方法である「暖炉・薪ストーブ」は機能的な面でのメリットはありません。むしろ薪を割って火をくべて・・・手間がとてもかかるものです。

しかし、テクノロジーが発展し、なんでも簡単にできる世の中に敢えてそのような手間をかけて自分で起こした火を眺めながら自然の温かみを得ると言うのは、返って贅沢なことなのかもしれません。

最新テクノロジーでは得られないもの、これこそが暖炉・薪ストーブの最大で唯一の魅力と言えるでしょう。

「暖炉・薪ストーブ」設置を検討している方へ

「暖炉・薪ストーブ」はとても趣があり魅力的ですが、デメリットや注意点ももちろんあります。
まず、通常のエアコンなどの暖房に比べて導入コストが高く、さらにランニングコストも高くなります。
手入れも定期的にする必要がありますし、部屋が暖まるまでに時間も要します。

しかし、上述の通りこの「面倒臭さ」がある意味「暖炉・薪ストーブ」のメリットでもあるわけです。
手間がかかることをメリットと感じる方が、暖炉や薪ストーブに向いていると言えるのでしょう。

理想の家を思い描いての家つくり

「暖炉・薪ストーブ」の設置検討する方の背景には様々な思いがあると思います。
リガードで暖炉や薪ストーブを導入する場合、最も自由度が高い家づくりの形であるフルオーダーメイド住宅として施工します。

お施主様の想いにしっかりとお答えできるように建築家と面談をしっかり行い、お施主様の理想の家づくりに出来るだけ近づけることが出来るように努力しております。

また、暖炉や薪ストーブはどんな土地でも導入できると言うわけではありませんので、土地探しからお手伝いをすることも可能です。

無料セミナーのご案内

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD