新築にはやっぱり「庭」があった方がいいの?

庭でガーデニングをするというのは一戸建てならではの醍醐味ですよね。
そのため、「念願のマイホームにはぜひ庭を!」と憧れを抱く人は多いです。

しかし、都心部では土地も限られているためなかなか庭まで作れる広さの土地を探すのは難しいかもしれません。また、ガーデニングは植物を扱うものですので、忙しくて世話ができない場合はせっかくの庭も綺麗に維持することができないことも考えられます。

確かに、庭に植物があると癒しを与えてくれる可能性はあります。
しかし、一戸建て=庭と安易に作ってしまうと、もしかしたら後悔してしまうかもしれません。

庭を作るか作らないかと言うのは家づくりの最初の段階で決めることで、後から変更することはできません。
最初が肝心な庭問題、なんとなくではなく一度本当に必要なのか、しっかり考えてみませんか?

先を見据えて、庭を施工するかどうかの選択を

庭は、作って後悔する場合と、作らないで後悔する場合があります。
後から変更がきかない部分なので、土地探しの段階からどうするかを決めておきたいところですよね。

失敗エピソードは、それぞれ以下のようなものがあります。

作って後悔した編

・憧れて庭を作ったけれど、忙しくて庭を手入れする時間がなく、庭が荒れてしまった
・最初は張り切って寄せ植えを作ってみたりしたが、植物を枯らしてしまい手間的にも金銭的にも続けるのが難しくなった
・日当たりがあまり良くない場所に庭を作ったので、植物の生育にはそもそも向いていなかった

作らないで後悔した編

・庭が欲しい奥様がご主人に遠慮して言えずに、後から後悔してしまった
・庭はいらないと思って作らなかったが、近所が庭を綺麗にしていてやっぱり欲しかったと思った

このような後悔をしてしまう原因は、施工業者の「ヒアリング不足」もあります。
お施主様の話をじっくりと聞き、ニーズを引き出してくれる施工業者を選ぶことが後悔しない家づくりにとって必要不可欠です。

東京の「庭のある家」ならリガードへ

リガードは、東京都国分寺市の地域密着型の工務店です。
都内の土地に精通しているからこそ、都市部の土地で庭のある家を作る厳しさも知っています。

だからこそ、庭のある家を求めるお施主様にもしっかりと向き合います。
空間の活用を熟知している建築家との家づくりだからこそ実現できる、東京の庭のある家。

軒のある縁側のような半屋外のスペースは、雨の日も心地よい風を感じられる空間になっています。その他施工事例はこちら→https://tokyo-chumon.com/#リガード #regard #REGARD #リガード国分寺…

株式会社リガードさんの投稿 2018年10月10日水曜日

お施主様のセンスが光る白い木のオブジェがシンボルツリーの住まい。北欧のシンプルで洗練されたデザインのニュアンスが、エクステリアを彩ります。その他施工事例はこちら→https://tokyo-chumon.com/#リガード…

株式会社リガードさんの投稿 2018年9月5日水曜日

お気軽にご相談お待ちしております。

無料セミナーのご案内

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD