REGARD

庭に砂利敷きってどうなの?その実用性を徹底解剖

「庭に砂利」の効用って?

庭に砂利を敷くというのは、比較的手軽に行えるガーデニング方法です。

砂利はコンクリートやレンガに比べると費用も抑えられ、サイズも色も種類が豊富なので、手軽に庭に取り入れることができ尚且つオシャレな雰囲気を味わうことが可能です。

さらに、砂利敷きはオシャレなだけでなく様々なメリットもあります。

今回は庭に砂利を敷くとどんなメリットがあるのか、また注意点についてもご紹介していきます。

庭の砂利敷きによる効果

オシャレになる

砂利を庭に敷くだけでも、庭の雰囲気は大きく変わります。
さらに、砂利とタイルやレンガ、植物など様々な組み合わせをすることでより個性の光る庭へとアレンジは無限大です。

雑草対策になる

庭の厄介者といえば雑草です。
庭の草むしりにできるだけ時間を割きたくないものですよね。
庭に砂利を敷く際に、あらかじめ下に防草シートを敷いておくと雑草の発生を抑えることができます。

防犯にも

砂利の上を歩く際には必ず音がなります。泥棒は静かに仕事を遂行したいので、このように音がなるような庭は嫌います。
また、音が鳴るので家にいるときに人が来たことがすぐにわかります。
防犯用に通常の砂利よりも大きな音が鳴るものもあります。

費用対効果が大きい

煉瓦やコンクリートに比べて砂利はコストを抑えることができます。
それでいてオシャレにもなり、雑草対策にもなり、防犯面でも役にたつ、砂利の費用対効果は大きいと言えるでしょう。

一方で注意点も

砂利を敷くのは比較的簡単で、DIYでも可能です。
しかし、落葉樹を庭に植えている場合は落ち葉の掃除が大変になる可能性があります。
雑草対策に有効ですが、雨が降ると砂利が流れてしまうなど、メンテナンスが大変な面もあります。

家づくりは外構も含めて総合的に考えよう

家の見た目は建物と庭によって決まります。
素敵な建物だけれど、庭に手が行き届いていないといった、残念な状況を産んでしまわないような家づくりを心がけましょう。

リガードでは、外構プランも含めて総合的に家づくりをサポートしております。

建築家と話し合いをしながら家づくりを進められるので、お庭のご相談もお気軽になさってください。

関連する記事を見る