REGARD

部屋を広く見せる物から機能的にする物まで!!パーテーションから考える家のリノベーション

種類さまざま。パーテーションの魅力と活用方法

「一つの部屋を有効に使うために、小部屋に分けたい!」という要望はよくあるもの。

パーテーションは「目隠し」「防音」「断熱」など、様々な効果を発揮してくれるため、

仕切りとしてではなく、あえてインテリアとしてパーテーションを導入する人も増えています。

今回は、そんな魅力的な「パーテーション」についてご紹介します。

壁タイプのパーテーションはきっちり空間を区切ってくれる

最も一般的な壁タイプのパーテーションは、しっかりと空間を区切ってくれるので、防音性が高く、プライベートの確保ができる点が強みです。

しかし、設置が大変なことや、取り外したいという時にも作業が大掛かりになってしまう場合があります。

ファブリックタイプのパーテーションは気軽に取り付けができ利便性に優れる

対し、カーテンや家具を用いて設置するファブリックタイプであれば、設置や付け替えが容易なので、利便性に優れています。

利便性が高いが故に、インテリアの模様替えと一緒にデザインを変えたり、洗濯ができることも魅力です。

しかし、やはり遮音性が低いことや、断熱性が低い点は要検討です。

更に、家具を用いたパーテーションは収納を確保できるというメリットがあります。

しかしこちらも、家具の厚みで空間が狭くなったり、家具の裏面が見えてしまう、といったデメリットがあり、設置の際にはケアする必要があります。

ガラスタイプのパーテーションは空間を狭く見せず合理的に区切れる

ガラスタイプのパーテーションは、部屋を狭く感じさせず、しっかりと空間を仕切ることが可能です。

明るさを取り入れることもでき、さらに高性能なものを選べば、安全性や機能性もしっかり確保できます。

しかし、やはり安全性には日常から注意する必要があり、周囲に硬いものを置かないようにするなどの意識が必要です。

ライフスタイルにあったパーテーションで家をもっと好きに

ライフスタイルの変化によって「住みやすい家」の定義は人によって様々。

弊社では、「お客様の理想を叶えたい」という思いで、これからもお役立ちコンテンツをご紹介していきます。

疑問やご相談等、いつでもお気軽にお申し付けください。

関連する記事を見る