REGARD

永遠の争い「和室vs洋室」 それぞれのメリットデメリットを理解しよう

和室派vs洋室派、あなたはどちらの部屋がお好みですか?最近では生活スタイルの欧米化に伴い、和室を洋室にリフォームしたいという方が増えています。

一方で、ゆったりくつろげるので、洋室を和室にしたいという方も少なくありません。ここでは、和室と洋室それぞれのメリット・デメリットについて、分かりやすく解説したいと思います。

和室のメリット・デメリット

日本の風情を感じる和室

和室とは、床が畳で、日本の情緒が感じられる部屋のことです。和室の畳は柔らかく、い草の独特の匂いにはリラックス効果があります。

和室は、居間としても寝室としても利用することができ、風通しが良いため湿気の多い時期にも涼しく過ごすことができます。

一方で、畳や障子など傷みやすいものが多く、手入れが大変というデメリットもあります。また、カビやダニが発生しやいので、アレルギーになる恐れがありますし、液体をこぼすと汚れを取るのが大変というデメリットもあります。

洋室のメリット・デメリット

床がフローリングの洋室

洋室とは、床がフローリングの部屋のことです。フローリングの部屋は清潔感があり、ゴミが床に吸着しないので掃除が楽というメリットがあります。

家具などのインテリアともマッチしておしゃれ感が出しやすく、身の回りの整理がしやすいのも魅力でしょう。

一方で、フローリングは足元が冷えやすく、生活音が響きやすいというデメリットがあります。また、ほこりが舞いやすいので、掃除を頻繁に行なう必要があり、ベッドが必要になるため部屋を広く使えないというデメリットもあります。

和室や洋室のことなら専門家に相談してみよう

和室や洋室には、それぞれにメリットやデメリットがありますから、自分の好みにぴったり合った選択をするようにしましょう。

最近では、生活の便利さや欧米風のおしゃれ感を考慮して、フローリングが主流になりつつありますが、ゆったりとした時間や風情を求める人には和室もおすすめです。

和室や洋室については専門的な知識も必要ですから、住宅の専門家に相談してみると良いでしょう。和室や洋室のことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

日本の風情がありゆったりとした空間で過ごせる和室と、使い勝手が良く自分好みの環境で過ごせる洋室。これを機会に、自分が快適に過ごせそうな部屋へリフォームしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

和室から洋室へのリフォームで最低限注意したい3つのポイント

関連する記事を見る