REGARD

家をたてる時、和室を作りますか?リラックスできる和室にはとても機能性があった。

和室を作るかどうかで迷っていませんか

家を建てる時に、和室を作るか作らないかで迷う方は少なくないことでしょう。最近では、一戸建て・マンション共に和室のある家が少なくなっています。日常生活における和室のあり方や良さが曖昧でイメージしにくく、いつの間にか家族共有の物置になってしまうようなこともあるようです。とはいえ、和室はとても便利な機能性がたくさんあり、リラックスして落ち着ける空間としてのメリットが多くあります。ここでは、リラックスできる和室の機能性について、分かりやすくご紹介したいと思います。

和室にはたくさんの機能性がある

和室があると、取り込んだ洗濯物を一時的に置いたり、アイロンがけをするスペースとして活用するなど、とても便利で家事がはかどります。小さい子どもがいる家庭なら、乳幼児期のおしめ替えや着替えをしたり、昼寝のスペースとしても利用できます。和服を着る方にとっては、着物や帯がたたみやすいので、和室の空間は必須の間取りと言えます。ふすまを開ければ広々としたリビングになりますし、ふすまを閉めれば落ち着いた個室空間として活用できます。畳は断熱性と保湿性に優れており、夏には涼しく冬には暖かいので、心を落ち着かせて心身共に癒してくれるリラックス効果があります。

落ち着ける和室が欧米で人気に

最近では欧米で和風のインテリアや工芸品が人気を得ており、息を吹き返して日本へ逆上陸しつつあります。これからは、和室のある間取りがインテリア性が高く、落ち着ける空間として見直されていくことでしょう。洋室から和室にリフォームすることもできますし、最初の段階から和室のある間取りについて検討することもできます。ぜひご検討ください。

関連する記事を見る