REGARD

ニッチ収納って知ってる?玄関、階段、トイレ、キッチンが華やぐ演出

空間を素敵に変えてくれるニッチ収納

「ニッチ収納」をご存知でしょうか。

ニッチとは、壁の一部を凹ませた「くぼみ」を指しています。

お花や雑貨など好きなものの飾り棚にしたり、本棚や収納として利用できます。

壁厚の大きい壁にニッチを作って収納のできる家が増えており、とっても雰囲気があって楽しめるので、マイホームを建てる方にオススメです。

今回は、空間をより一層華やぐ雰囲気に演出してくれる「ニッチ」収納について、分かりやすくご紹介したいと思います。

ニッチ収納はどんな場所に作れるの?

基本的に、壁厚が十分ならどこにでもニッチを作ることができます。

玄関に横長のニッチを作って上部にダウンライトを埋め込んだり、トイレに季節の飾りや花を飾るとお洒落な雰囲気になります。

廊下や階段下、階段途中の踊り場などに、ちょっとした飾り棚を作るのもオシャレ。

キッチンの腰壁にニッチ収納を作るのも、調味料などを整理整頓できて便利です。

ベッドルームや子供部屋にニッチ収納があると、本棚や小物置きにちょうどいいですし、洗面脱衣室にも洗剤や化粧品、バスグッズをお洒落に収納できます。

ただし、外壁等は断熱に関わるので、ニッチが作れないことがあります。

ニッチ収納のことならプロに相談しよう

ニッチを取り入れたインテリアがあるだけで、とっても素敵な空間が生まれます。

観葉植物、雑誌類、美術品等を飾っておしゃれな空間を作るもよし、大きめに収納スペースを取って、本棚や実用品を置く利便性重視の棚にしてもよし、自分の好みに合ったニッチ収納を作ってみましょう。

用途によってニッチの設計を変えることができますから、ニッチ収納の用途については事前にご相談下さい。

ニッチ収納のある施工事例を公開中!

リガードで家を建てられた施主様の中で、こだわりのニッチ収納を実現された方の施工事例を公開しています。

・予算内の価格と誠実さが魅力。 広々キッチンで料理も楽しい!(施工事例)

関連する記事を見る