REGARD

注文住宅だからやってみたい「新築の収納」における工夫

注文住宅なら「とことん」こだわりたい

新築住宅に住む前は、賃貸住宅に住んでいたり、実家に住んでいたりする方が多いと思います。
そこで生活していると、生活する上で便利な面、不便な面が見えてきますよね。

例えば、今の家ではキッチンの収納が少ないから新築住宅では収納を多く取りたい、コンセントの数を今の家より多く設置したいなど、住みながら感じていることを、新築住宅ではより住み心地が良くなるように取り入れて行きたいとお考えのお施主様は多いです。

せっかくの注文住宅ですから、こだわりのポイントをたくさん作ってより愛着のある、より住み心地の良い家にしたいと思いますよね。
数あるこだわりポイントの中でも特に多くのお施主様がこだわりたいポイントが、収納です。
そこで、今回はあると嬉しい収納、ないと困る収納についてご紹介していきます。

新築アイディアの一つ「玄関横のクローゼット収納」にこだわる

玄関の収納といえば、まず「下駄箱」つまり、靴の収納が一番に思い浮かぶでしょう。
しかし、玄関にぜひもう一つ用意したい収納があります。それが「コート用クローゼット」です。

実際に生活し始めてから気づくことですが、例えば4人家族の場合、それぞれが季節にあったコートを玄関先で脱ぎがちで、わざわざ部屋のクローゼットまで片付けにいかない場合が多いです。
そんなコートの収納先がないと、階段の手すりにかけたり、フック型の収納を後から玄関の壁に取り付け何重ものコートがそこに重なっているという状況になりかねません。
そうすると見た目だけでなく機能性においても不満が残ります。

こだわりの注文住宅なら、あらかじめ玄関横にコート用のクローゼットを設置することで、家族みんなが便利で使いやすく、さらに玄関先をスッキリと魅せることが可能です。

新築の収納アイディアを膨らませて家を建てるなら

「玄関横のクローゼット」収納を最初から知っているお施主様がまだまだ少ない様に、プロのアドバイスによって初めてアイディアを知るということがたくさんあります。

このようなプロならではのアイディアは、細かい間取りの位置やコンセントの設置場所、収納の取り付け場所、大きさ等他にもたくさんあります。

しかし、すべての施工業者がこのようなアイディアを知っていたり、答えてくれたりするとは限りません。
こだわりの詰まったマイホームにするためには、お施主様の話をしっかりと聞いて、お施主様のライフスタイルに寄り添ったアイディアを提供してくれる施工会社が望ましいでしょう。

リガードの「建築家と建てる家」は、お施主様が納得いただけるまでしっかりとヒアリングをして家づくりを進めております。
建築家がお施主様のこだわりに沿ったプランを作成しておりますので、お施主様のライフスタイルにぴったりと寄り添った家づくりの提案が可能です。

関連する記事を見る